2013年09月01日

タワーオブパワー ホワッツイズヒップ?Tower of Power - What Is Hip - 1973





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


日本でもコアなファンクファン、クロスオーバーファンには今も昔も根強い人気のタワーオブパワーの名を、知らしめた名曲です!!。

と言うは易しで(笑)、この曲が収録されてたアルバム「Tower of Power」が発表された1973年頃は、日本は空前の和製ふぉーくブーム、アイドル歌手ブーム、ある種のこれから80年代、90年代に向かっての歌謡芸能の世界の黄金時代(商業的にという意味)を迎えるとっかかりだったので、そもそも黒人音楽そのものが今では想像もできないほど認知度が低かったので、ホワッツイズヒップ?もタワーオブパワーも、当時の踊り場に出入りしていたコアなロクデナシの不良か?コアでハイセンスなプレイヤーサイドの方々の「話題」であり、一般的には、それほどでもなかったわけであります。

例えば!今現在(2013年)50代後半から還暦ぐらいの方に、若いファンク、ソウルファンの人は聞いてみるといいです。「タワーオブパワーって知ってます?」と。まず!殆どは!知らないですから。

昨今は、ある時期をきっかけに(それが久保田某なのか?宇田多某なのか?そのとっかかりは、私にはよくわかりませんが)、若いコアな古のソウル、ファンクファン、プレイヤーサイドの方々がもの凄く!当時のファンク、ソウル、R&Bに詳しくなっているので、リアルタイム若者だった層より、後追いで当時のヒップなファンクやソウル(或いはクロスオーバー)に精通してる方の方が、このへんの楽曲、無茶苦茶!詳しかったりする逆転現象がおきております。

まあ、年を重ねるのも面白いなーと(笑)。最近、当サイト運営者は思う次第であります。

posted by 麻呂 at 16:18| アメリカ ファンク R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

ビリー・ポール 僕の歌は君の歌 Your Song - Billy Paul





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


1970年に発表されたイギリスのミュジーッシャン、エルトン・ジョンのセカンドアルバム「僕の歌は君の歌」(Elton John)のA面1曲目を飾った「僕の歌は君の歌」(Your Song)を、 フィラデルフィアソウル(フィリーソウル)を代表するミュージシャンの一人、ビリー・ポールがアレンジ、カヴァーし、1970年代中期頃まで、所謂ディスコサウンドに流れる前頃まで、チャチャナンバーとして好まれていた、ビリー・ポールの「「僕の歌は君の歌」(Your Song)。

当時の踊り場に通ってた、2013年現在、50代後半の方々には涙ちょちょぎれるナンバー、そこを知らない方々には何の思い入れもない「ビリー・ポールって誰?」の曲でありますが(笑)、彼の代表曲!エリック・クラプトンの「愛しのレイラ」、八代亜紀さんの「なみだ恋」と並び称せる!不倫ソングの「ミーアンドミセスジョーンズ」(Me and Mrs. Jones)と並ぶ、当時はビリー・ポールの代表曲でありました。

あの頃のフィラデルフィアソウル(フィリーソウル)は、素晴らしかった♩





posted by 麻呂 at 17:05| アメリカ ファンク R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

1970年代半ば、その歌唱力は音楽業界に衝撃を与えたミニー・リバートンの ラヴィングユー loving you minnie riperton





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


リアルタイムを知ってる方ならわかると思いますが、ミニー・リパートンとロバータ・フラックの「歌唱力」の凄さは、大事件でした!!。

ミニー・リパートンは1971年に、マーヴィン・ゲイやカーティス・メイフィールド等と同様に、ニューソウル路線に向かうスティーヴィー・ワンダーのバックコーラスに抜擢され、1974年末にスティーヴィー・ワンダーのプロデュースによるアルバム「パーフェクト・エンジェル」(PERFECT ANGEL)をリリース。シングルカットされた、こちら「ラヴィングユー」(Lovin' You )が、全米で大ヒット。未だ未だ黒人音楽の認知度の低かった日本でも、当時はコアな黒人音楽ファン、踊り場フリークレベルでしたが(後の世代の方がよく知ってたりします)、5オクターヴから5オクターヴ半という広い声域を持ったその歌唱力は、度肝を抜かされ、絶賛された楽曲、シンガーでありました。

が!しかし!、、、ミニー・リパートンは1976年に乳がん発覚。1978年にはがんが転移、正に!空前のディスコブームの最中の1979年、ディスコブームの商業的な恩恵にあずかる事なく、31歳の若さで死去してしまいました。

彼女の驚異的な歌唱、そして「ラヴィングユー」(Lovin' You )は、彼女が死去した後も、脈々と語り継がれ、若い世代の方々にも認知度の高いシンガー、楽曲なのが嬉しいですね♩。





posted by 麻呂 at 17:45| アメリカ ファンク R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん