2013年01月22日

1970年代初頭のアメリカのニューソウルブームの波を、もろに受けた日本の踊り場 カーティス・メイフィールド フューチャーショック Curtis Mayfield - Future Shock (Soul Train, 1973)





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

60年代のインプレッション時代から「ピープル・ゲット・レディ」のような、メッセージソングを唄っていたカーティス・メイフィールドがソロになって発表した、こちらはマーヴィン・ゲイ「ホワッツ・ゴーイン・オン」(What's Going On)のカーティス版とでも言いましょうか?、「フューチャーショック」(Future Shock)収録の1973年発表のアルバム「Back To The World」は、ベトナム戦争終結の時代背景もあって、反戦メッセージ色溢れるアルバムでございます。

とかなんとか偉そうにほざいた所で、そのへんは全て!後追い情報であり、情報も少なかったリアルタイムは、そんな事「ホワッツ・ゴーイン・オン」(What's Going On)同様わかるわけもなく、「フューチャーショック」(Future Shock)は、唯!( 踊り易いファンキーでカッコいい、なんか新しいタイプの曲だなー)ぐらいしか、思ってなかったわけです(笑)、、、。

で!60年代のR&Bに変わる、所謂ニューソウル、ニューファンクのピークは1970年代前半であり、その代表だったのがマーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダー、そしてカーティス・メイフィールドだったわけで、こちらの「フューチャーショック」(Future Shock)収録のアルバム「Back To The World」は、「スーパーフライ」(Superfly)と並ぶカーティス・メイフィールドのニューソウル、ニューファンク時代の代表作。正に!傑作であります。



が!しかし!80年前後の空前のディスコブームの頃は、欧州勢のディスコサウンドが圧倒的にウケていたので、それ以前の北米のR&B、ニューソウル、ニューファンクのシンガー、グループは、なんとなーくフェイドアウト気味になっており、こちらカーティス・メイフィールドもそんな中の一人だったような記憶があり、けっして空前のディスコブームの時は人気者ではありませんでした。

が、彼の大ファンの山下達郎氏が自身のインタビューやラジオ番組でカーティス・メイフールドの名前を頻繁に出したり、ジャズ、ジャズファンク、クロスオーバーファンに人気のハービー・ハンコックがこちら「フューチャーショック」(Future Shock)をカヴァーしたり、ジェフ・ベックがインプレッション時代の「ピープル・ゲット・レディ」をカヴァーしたりしたので、ディスコブーム頃の次世代には「ディスコのコ」より、普通の音楽ファン、ジャズ、ファンク系のブラックミュージックマニア、ロックキッズにカーティス・メイフィールドは再び!人気を得てたような記憶があります。



posted by 麻呂 at 18:08| カーティス・メイフィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

1970年代初頭の踊り場で人気だったフリーステップナンバー スーパーフライ カーティス・メイフィールド Curtis Mayfield - Superfly





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

日本でもジェフ・ベックとロッド・スチュワートの競演カヴァーで有名になったインプレッションズの「ピープル・ゲットレディ」。そのインプレッションズから1970年に脱退、ソロ活動をはじめたカーティス・メイフィールドが1972年に放った!不朽の名作!「スーパーフライ』(Superfly)。

当時、マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハザウェイ、スティーヴィー・ワンダーらと並んでカーティス・メイフィールドはニュー・ソウルの代表的なシンガーでありアルバム、楽曲だったわけですが、当サイトで何度も触れておりますが、未だ未だ1970年代前半は情報も乏しい時代、ある時期からブラックミュージックが一般的になるもっともっと!大昔の時代ゆえ、ニューソウルも当時は踊り場レベルの人気、コアな黒人音楽ファンの間でのムーブメントでしたが、こちら「スーパーフライ』(Superfly)は、ブラックムーヴィー、当時としては活気的だった黒人が主役になった映画のサントラ盤という事もあり、同じくブラックムーヴィーの傑作!アイザック・ヘイズの「黒いジャガーのテーマ」と並び、それなりに映画ファン、洋楽ファンにも知られた曲だったと記憶しております。



唯、他の多くのシンガー、グループが80年前後の空前のディスコブームの頃は、欧州系のソレにやられてしまって存在が薄くなったの同様、カーティス・メイフィールドも「スーパーフライ』(Superfly)もディスコで使われる事がなくなったので、ディスコブーム世代には馴染みのないミュージッシャン、楽曲だと思われますが、それ以前の踊り場世代の方々には、想い出深いミュージッシャン&楽曲だと思います。

まあ、それでもカーティス・メイフルードのこちらも踊り場時代はよく使われていた「フューチャーショック」が、ジャズファンクファンには人気の高いハービー・ハンコックのアルバムでカヴァーしヒットされたり、前出の「ピープル・ゲットレディ」をジェフ・ベックがカヴァーしたり、又、それ以前のジェフ・ベックのグループ、ベックボガード&アピス(BBA)でも、インプレッションズ時代の「アイム・ソー・プラウド」をカヴァーしてたので、カーティス・メイフィールドは80年以降は空前のディスコブームのディスコ世代の方より、ジャズファンク(クロスオーバー、フュージョン)ファンやロックファンに、名が知れ渡った感があります。

70年代末期から80年代、もの凄い人気だった山下達郎氏が、頻繁にカーティス・メイフィールドの名前を事あるごとに出していたので、山下達郎氏ファンやニューミュージックファンは、それでカーティス・メイフィールドを知った方も多いと思われます。




1/6 Honda モンキー 40thアニバーサリー



posted by 麻呂 at 18:06| カーティス・メイフィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。