2013年04月22日

愛のローラーコースター オハイオ・プレイヤーズ Ohio Players "Love Rollercoaster"





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


1974年、発表されたアルバム「ファイヤー」(ファイヤー)からの74~75年、日本の踊り場でも大ヒットした「ファイヤー」(Fire Skin )「スキンタイト」(SkinTight) に続く、1976年、空前のディスコブーム前夜とでも申しましょうか、60年代からのR&B、そして70年代初頭のニューソウル、ニューファンクの踊り場から、ディスコ、ディスコサウンドに流れる分岐点だった1974~76年の時期、発表され踊り場、ディスコで人気だった「愛のローラーコースター」(Love Rollercoaster)。

まあ、この時代、それまでのツッパリ坊やズベ公達だけじゃなく、コンチやこの後のサーファーブームの先駆者達、ウエスタン等のコも、アイビーからトラッドのコ達と並んで、踊り場、ディスコには増えだし、踊り場、ディスコもかなり「オシャレ」になりだした頃で、来るべきディスコブームに向かう、時代の分岐点だったと思われます。





posted by 麻呂 at 17:43| オハイオプレイヤーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

1970年代初頭から中期のアメリカのニューファンクブームに登場したオハイオ・プレイヤーズの スキンタイト Ohio Players "Skin Tight" LIVE on U.S. TV 1974





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

当時、歌謡史に残る空前の!和製ふぉーくブーム、アイドル歌手ブーム吹き荒れていた日本の場合、未だ未だR&B、ソウル、ファンクは踊り場レベル、コアな黒人音楽ファンの間の極めて小さなムーブメントでしたが、アメリカの70年代初頭のニューソウル、ニューファンクムーブメントは爆発的なソレがあり、1974年、堂々!全米1位を記録した「ファイヤー」ともども同年ヒットした、こちら「スキン・タイト」(Skin Tight)。翌75年には後にレッチリがカヴァーした「愛のローラーコースター」で一世を風靡したオハイオ・プレイヤーズも、そんなニューファンクグループの1つとして人気の高いバンドでした。

が!こちらオハイオ・プレイヤーズもその歴史は長く!なんとR&R、R&Bブーム吹き荒れる1950年代末期から、オハイオ・アンタッチャブルズというバンド名で活動していたそうで、バカ売れするまで随分と時間のかかっていたグループだったわけですね〜。

オハイオと言えば、当時としては珍しかった!白人ファンクバンドのワイルド・チェリーが「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」で全米1位を獲得したのもこの頃で、正に!来るべき空前のディスコブーム前夜、
新譜が何れも刺激的な、今やダンクラとして歴史に残ってるR&B、ソウル、ファンクは、だいたいこの時代のものなのが、凄いと思いますね〜(ディスコサウンドはこの後も、山のようにありますが)。





posted by 麻呂 at 16:52| オハイオプレイヤーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

70年代初頭のニューファンクブームに登場したオハイオプレイヤーズ ファイヤー ohio players fire





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

ゴーゴー、踊り場レベルのアンダーグラウンドシーンとはいえ、R&Bブームから70年代初頭のニューソウル、ニューファンク、70年代末期の空前のディスコブームの良く言えば橋渡し、悪く言えば「軒を貸して母屋をとられる」みたいなムーブメントだった時代の、代表的な!ニューファンクバンド、オハイオ・プレイヤーズが放った974年の踊り場ヒット!「ファイヤー」(fire)。

オハイオプレイヤーズも、アメリカで大ブレイクする迄(日本では踊り場レベルのソレでしたが)の歴史は、他のバンド、グループ、シンガー同様長く、1960年代初頭から活動していたグループのようで、ウィルソン・ピケットのサポートもやっていたとか(勿論、オハイオ・プレイヤーズという名前では未だありませんが)。

1967年にオハイオ・プレイヤーズと改名したそうですから、オハイオ・プレイヤーズがこちら「ファイヤー」(fire)、「スキンタイト」(Skin Tight)で全米でブレイクする迄、7年の歳月が流れているわけで、この後、1976年頃まで、オハイオ・プレイヤーズは日本の踊り場でも、とても人気の高いグループでした。

ところが!ご多分に漏れず!(?)オハイオ・プレイヤーズも、1980年前後の空前のディスコブームに生き残る事は出来ず、1978年には解散。その後、再結成するも再びチャートを賑わす、ディスコシーンで人気者になる事はなかったグループの1つでもあります。





posted by 麻呂 at 17:42| オハイオプレイヤーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん