2015年01月14日

空前の世界的ディスコブームの最中、時代の寵児だったChic シックの「愛してほしい」(I Want Your Love)



【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】




1978年、空前のディスコブーム吹き荒れる最中、発表された、全米ビルボードチャート1位を記録した「おしゃれフリーク」収録の、シックの人気を決定ずけたセカンドアルバム「エレガント・シック」の中の、こちらもディスコで人気だった「愛してほしい」(I Want Your Love)。

まあ、シックと言えばギタリストのナイル・ロジャースのファンキーリズムギターの心地よさがたまらないわけですが、こちら「愛してほしい」(I Want Your Love)でも、チャチャカ、ファンキーに刻みまくってます♪。

で、それ以前のファンクバンドは弦楽器を主体としたストリングス系ではなく、ホーンセクションを全面にだしていたわけですが、映像でわかる通りシックはストリングスを多様しており、これが非常にゴージャスで洒落た雰囲気をかもしだしていたわけで、このへんはおそらく1970年代初頭から中期にかけ大人気だったフィラデルフィア、所謂フィリーソウル、MFSBの影響ではないか?なんて、当サイト運営者は思っております。

更にPVでわかる通り、非常に!シックはファッショナブルでした。

1978年当時の日本は、高度成長から田中角栄氏の「日本列島改造」を経て、これから後にバブルと言われる時代に一直線!まっしぐらだった、おそらく戦後日本の中では最も!ノー天気で呑気で、そして「おめでたい」時代。とにかく気分は「いけいけどんどん」でしたので、大不況にあえぐ!第二次世界大戦以前は世界の覇者だったイギリスと経済状況が日本は全く異なっていたので、そんなイギリスのセックスピストルズ発のパンクロックは、後世で伝わるほど実際はリアルタイムの若者達には流行ってなかったんですね。

まあ、1978〜81年頃が空前の世界的なディスコブームのピークだったとも言えるわけで、アメリカではこの後、急激にそのブームはしぼんでしまい、シックにしろアース・ウインド&ファイアーにしろ誰にしろ、ブームの頂点にいたグループ、シンガーは80年代半ばから後半、低迷するわけですが、日本の場合、ファンキーミュージックにかわるテクノ、ユーロビートが独自に流行った事もあり、まだまだディスコブームは80年代も続いたわけですが、その頃はシックは殆どバンドとしての活動はしてないです。

特にギターのナイル・ロジャースとベースのバーナード・エドワーズは裏方、プロデュース業を営んでおり、ドラムのトニー・トンプソンも、ロバート・パーマー、デュランデュランのお二人のイギリス勢とパワーステーションというロック寄りのバンドを組んでおり、 バンドとしての活動らしい活動はしておらず、シックが実質時代の寵児だったのは、もろに!空前の世界的なディスコブームの最中の1978~81年と、とても短かったと記憶しております。

そんな中の名曲の1つが、こちら「愛してほしい」(I Want Your Love)。






posted by 麻呂 at 08:02| シック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

空前のディスコブーム期に大ブレイクしたシック ダンス・ダンス・ダンス Chic - Dance Dance Dance





ネットショップの開業ならカラーミーショップ


正に!空前のディスコブームの1977年にデビュー、ディスコブーム時代、一世を風靡したシック。唯、ジュリアナ東京のバブル崩壊頃までブームが続いた日本と違い、アメリカでのディスコブームは案外、早期に終ってしまい、80年以降はメンバーのナイル・ロジャースとバーナード・エドワーズはコンビを組み、プロデュース業にいそしみだし、結局、この頃の仕事ぶりが、特にナイル・ロジャースこれにありと、今もリズム・ギタリストとしてだけではなく、プロデューサーとしても高い評価をされるわけですから、なかなかナイル・ロジャース、強かでありまする。

シックの当時の功績は、それまで実は!コアな踊り場、R&B、ファンクファン以外の、大多数のディスコ、ディスコミュージックファンからは、ファンクミュージックというのは支持されていなかった、ちょっとブルース色が強く泥臭いファンクミュージックを、洒落た感じ(女性ボーカルとストリングスの影響が大きいと思われます)に仕立てつつ、根底にはしっかり!ファンクミュージックを継続していた所で、このへんが一般的な当時のディスコフリークにも、コアなファンクファンにも、プレイヤーサイドにもシックが昨今に至っても尚、評価の高い原因ではないか?と当サイト運営者は思っております。

日本でも80年代、爆発的な!人気になり、今も根強い人気を誇ってるイギリスのフュージョンバンド、シャカタクは、多分、シックの影響を受けたバンドだとも、当サイト運営者は思っております。





posted by 麻呂 at 18:39| シック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

空前のディスコブーム期、アメリカのファンクグループで最も商業的に成功したシックの おしゃれフリーク Chic - le freak - 1978





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

「グッド・タイム」(Good Times)と共に、1980年前後の空前のディスコブーム時、1970年代末期、全米No.1を獲得したのが、こちらお馴染み!「おしゃれフリーク」(le freak)。正当派の北米、アフロアメリカンのファンク・ディスコ・バンド。

案外、アメリカのディスコブームというのは盛り上がりも凄かったですが停滞も早く、日本のようにユーロビートに引き継がれ、バブル期の「ジュリアナ東京」の1990年初頭まで続く事はなく、80年代半ばになるとその兆しは顕著になり、シックのナイル・ロジャースとバーナード・エドワーズは、デビッド・ボウイの「レッツ・ダンス」(1983年)、かの!有名なマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」(1984年)のプロデュースはじめ、ダイアナ・ロス、デュラン・デュラン、ミック・ジャガー、ジェフ・ベックと、プロデューサー業に転身していたので、他、多くの80年代には消え去ってしまった大型ファンクバンド、ソウルグループと違い、シックは活動停止しておりましたが、充実した活動をしており、シックで全米1位を獲得してた頃より有名になったりしております。



更にギターキッズ(ギター親爺?)にも、それまでのハードロック、ヘビーメタルの早弾きとは違うカッティングの妙技で、ナイル・ロジャースは人気を得ており、ナイル・ロジャースをとっかかりに遡ってJBSはじめ、ファンクギターのルーツに感化されるようになった方も多いのではないでしょうか?。

ドラムのトニー・トンプソン(レッド・ツエッペリンの大ファンだとか)もロバート・パーマー、当時デュラン・デュランのアンディ・テイラーとジョン・テイラーと、パワーステーションを結成。Tレックスの「ゲット・イット・オン 」( Get It On (Bang A Gong))をリメイク、1985年にヒットを飛ばしており、各人、ディスコブームが終焉しても第一線のヒットチャートで活躍していた、ディスコブーム、それ以前の多くのバンド、グループ、シンガーが消えてしまった時期に、とても珍しいグループだったと言えます。

ナイル・ロジャースは再活動したシックはじめ今も尚、息の長い活躍をしておりますが、トニー・トンプソンは1992年の活動再開には参加せず、2003年に逝去。バーナード・エドワーズも1996年、シックの日本武道館公演の翌日に急死。オリジナルメンバーは、ナイル・ロジャースだけになっております。



posted by 麻呂 at 16:58| シック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。