2014年12月30日

ビブロスでよく使われていた ドゥービー・ブラザーズ/希望の炎 Doobie Brothers   Jesus Is Just Alright





ネットショップの開業ならカラーミーショップ


ビブロスはR&B、ソウル、ファンク色強かったムゲンと違い、わりとロックと言われる分野の曲も使っており、ドゥービー・ブラザーズの「ロングトレイン・ランニン」と共にこちら「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)もよく使われていて、人気の高かった曲でした。

というか、日本でドゥービー・ブラザーズが有名になったのはビブロスはじめ踊り場で1970年代中期に頻繁に使われていたからで、当時のラジオの洋楽ヒットチャートなどで、「ロングトレイン・ランニン」と共にこちら「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)がリアルタイムにチャートのトップ10、いやトップ20に入っていたという記憶が当サイト運営者はありません。

ドゥービー・ブラザーズの初来日は1976年で、「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)収録のアルバム「トゥールーズ・ストリート (Toulouse Street) は1972年、「ロングトレイン・ランニン」収録のアルバム「キャプテン・アンド・ミー (The Captain and Me) は1973年の発売ですから、ちょっと初来日迄タイムラグがあります。

初来日時は既に看板シンガー&ギタリストのトム・ジョンストンは、一時バンドを抜けており来日しておらず、マイケル・マクドナルドがグループに加わり来日しております。

そして日本でドゥービー・ブラザーズの人気が爆発するのはマイケル・マクドナルド色が色濃くなる、初来日から2年後のアルバム「ミニット・バイ・ミニット」 (Minute by Minute)と、シングルカットされた「ある愚か者の場合 」が大ヒットしてからで、時期的にイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」がバカ売れしていた時期、雑誌「ポパイ」が若者に人気で、そこでLA特集などをやっていた影響で、ドゥービー・ブラザーズはイーグルスと並ぶLAの代表バンドと位置ずけられるようになったので、踊り場で「ロングトレイン・ランニン」や「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)が使われていてから、随分と時は経ってたんですね。

で、更に!「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)はあまり使われなくなりましたが、「ロングトレイン・ランニン」の踊り場でのロングヒットはもの凄いものがあり、結局、これも「ポパイ」発と言っても過言ではないと思いますが、サーフィンブームと世界的なディスコブームがこの1978年から80年にリンクし、サーファーディスコなるものが誕生。当時の若者達に人気になり、そこでも!「ロングトレイン・ランニン」はがんがん使われ人気だったので、案外、1980年前後が「ディスコデビュー」の世代に、「ロングトレイン・ランニン」は人気が高いわけです。

で、そのサーフィンブームと世界的なディスコブームの1980年前後には、こちら「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)はあまり使われなくなっていたので、この時期が「ディスコデビュー」世代には、こちらは逆に馴染みがないんですね。

でも、1973~76年頃迄の、特にビブロスを中心にした踊り場では、「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)は「ロングトレイン・ランニン」と共に人気の高かった曲ですので、「ロングトレイン・ランニン」だけではなく「希望の炎」(Jesus Is Just Alright)も踊り場で使われていた事を知ってる人は、1973~76年頃から、そんな遊びをしていた「おっさん」「おばちゃん」なわけであり(笑)、このへんは世代層というより、ませガキだったか否か?の差、、、如何に早い時期にそんな場所で夜遊びをしていたか否か?の差ですので(別に早いからって偉いわけじゃないです)、例え同世代でも、踊り場、ディスコの若き日の想い出は、微妙に温度差があります。



posted by 麻呂 at 10:51| ドゥービーブラザーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

リッスン・トゥ・ザ・ミュージック  Listen to the Music The Doobie Brothers





ネットショップの開業ならカラーミーショップ


日本でドゥービー・ブラザーズが有名になるきっかけを作ったのは、赤坂の踊り場!ビブロスの功績が大きいが持論の、当サイト運営者ですが、こちらトム・ジョンストンのリズムギターが心地良い!「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」(Listen to the Music)は、昨今のダンクライベントでも人気の「ロング・トレイン・ランニン」と違い、そこら中の踊り場で使われていたわけではありませんが、赤坂のビブロスではかなり好まれて使われていたと記憶しております。

1972年、マイケル・ホザックが参加しツインドラムスタイルに、ドゥービー・ブラザーズがなるのが、こちら「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」(Listen to the Music)がA面1曲目に収録されている、アルバム「トゥールーズ・ストリート」(Toulouse Street)から。

こちらのアルバムがドゥービー・ブラザーズ初の!全米トップ200入りしたアルバムで(最高21位)、「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」(Listen to the Music)は全米11位まであがる、彼等初の!ヒット曲になったわけですが、当時の日本では未だドゥービー・ブラザーズは、それほどの人気ではなく、この翌年!1973年に発表され、所謂「サーファーディスコ」時代の1980年前後まで、とても人気の高かった「ロング・トレイン・ランニン」ともども、赤坂のビブロスでこちら「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」(Listen to the Music)や、「希望の炎 」(Jesus Is Just Alright=Arthur Reid Reynolds)が使われ、とても人気を得ていたのが、 その後のザ・イーグルスともども大人気になった!LAブームのドゥービー・ブラザーズ大人気になった、とっかかりだったと、当サイト運営者は記憶しております。





posted by 麻呂 at 19:29| ドゥービーブラザーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

踊り場からサーファーディスコ迄、長きに渡り人気ナンバーだったロングトレインランニン Long Train Running - The Doobie Brothers





ネットショップの開業ならカラーミーショップ


日本では特に、70年代後半の世界的な空前のディスコブーム&LAブーム(雑誌ポパイの影響)&サーファーブームで、サーファーディスコなる店で使われまくった曲なので、あまりロックとか興味のない当時のディスコキッズ、ディスコクィーンでも、必ず!知ってる、とてもグルーヴィングでカッコイイ不朽の名曲ですが、発表はもっと以前、1973年のアルバム「キャプテン・アンド・ミー 」The Captain and Meからシングルカットされた曲で、発表リアルタイム実は!、日本の洋楽ヒットチャートのラジオ番組等で、がんがん使われた大ヒット曲という記憶が、管理人は全くないんですね。

わりと早くから「踊り場」ではDJが目をつけ(耳?)使っていたので、その世界では人気がありましたし、タワーオブパワーやグラハムセントラルステーションと同じ、ドゥービーブラザーズもワーナーだったので、なんと言っても情報も乏しい時代でしたから、蒼き管理人、サウンドだけ聴いて当時最新だった!黒人ニューファンクバンドだと、普通に思ってたほど、一般的には未だ当時のニューファンクがそうであったように、ドゥービーブラザーズというバンドそのものが、あまり日本では知られておらず(これは後のLAブームの頃の両巨頭、イーグルスもしかり)、ロングトレインランニンは、どーん!と爆発的に大ヒットした曲というより、「踊り場」発で深く静かに、印象的なギターカッティングやグルーヴィングなリズム等が話題になり、じわじわ口コミで浸透して人気になった曲だったと、少なくとも当時の東京の若者達の間ではそうだったと、管理人は記憶しております。



で、翌年、 1974年発表のアルバム「ドゥービー天国」What Were Once Vices Are Now Habitsからの「ブラック・ウォーター」、Black Waterが初の全米No.1を記録したせいか?、普通の洋楽好き、ロック好きの若者達にも一気に名が知れ渡り、75年の初来日時にはもう人気者になっておりましたが、この年から要のトム・ジョンストンはなんとライブを離脱(この映像のVo&Gの人です)。初来日公演に姿を表わさなかったんですね。

まあ、この後、70年代後半の空前のディスコブーム、雑誌「ポパイ」発のLAブームの最中、サーファーディスコでこの曲ががんがんに使われ大人気になってた頃は、既にトム・ジョンストンではなく、元スティーリー・ダンのマイケル・マクドナルドを中心に、サウンドも少し変わったバンドになっていたのは、ファンなら誰もが御承知の事と思いますが、リアル70年代のドゥービー・ブラザーズの日本での人気、足跡を、若い人が彼等のプロフィールに当てはめ想像するのはのは、あまり意味がないんですね(笑)。ちょっと違うんですよね、日本の場合。

で、こちらの映像&音源。再結成後同様、未だばりばりにトム・ジョンストンが活躍していた時代のソレで、間奏がレコーディング音源と違い、トム・ジョンストンのレスポールによるロックの王道!、非常にブルースロックっぽいフレーズ&サウンドのギターソロなのが、カッコイイですね。70年前後のニューロック華やかなりし頃の時代、60年代のR&Bから70年代初頭のニューファンク、ニューソウルの台頭の時代を、見事に象徴してる映像&音源だと思います。


バンドスコア ドゥービーブラザーズベスト (バンド・スコア)


The Very Best Of The Doobie Brothers
posted by 麻呂 at 11:56| ドゥービーブラザーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん