2013年05月02日

ブラザーズ・ジョンソン Brothers Johnson - Strawberry Letter 23





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


ジョンソンブラザーズのジョージとルイスは、ブラザーズ・ジョンソン結成前に、かの!ザ・ビートルズの映画「レット・イット・ビー」で有名な!ビリー・プレストンのバンドに参加していて、その後、彼等の人生をかえる!クインシー・ジョーンズと出会い、1970年代半ばの彼の日本ツアーのサポートとして参加したのをきっかけに、ブラザーズ・ジョンソンのアルバムのプロデュースをクインシー・ジョーンズが請負う形になりました。

同時期のクインシーが手がけたマイケル・ジャクソンのソロアルバムと共に、クインシー・ジョーンズのアルバム、シングルは、当時の踊り場からディスコ人気になったその地の若者達に、圧倒的に支持され、ブラザーズ・ジョンソンはいきなり!時代の寵児になったわけで、世は1970年代後半、所謂AORも流行っていたので、この手のちょっとメローな曲も、ファンク同様、ブラザーズ・ジョンソンは高く評価されておりました。





posted by 麻呂 at 18:05| ブラザーズジョンソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

クロスオーバー、AORブーム時代に登場したブラザーズ・ジョンソンの Stomp ストンプ  Brothess Johnsom





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


R&Bから70年代初頭の、ニューソウルやニューファンクが「ニュー」じゃなくなってきた70年代後半、80年前後には既にファンクという言葉は殆ど聞かれなくなり(ファンク?パンクじゃなく?、と何人もに実際に!聞き直された事が当サイト運営者は、わりと近年までありますので)、ブラックコンテンポラリー、略して「ブラコン」と言った方が「ニュー」で「ナウかった」わけで(笑)、ブラザーズ・ジョンソンも短くして「ブラジョン」。そのブラジョンは空前のディスコブーム、サーファーディスコ時代の人気者だったのであります。



ブラザーズ・ジョンソンは70年代後半から人気者でしたが、こちら「ストンプ」(Stomp) は、1980年のアルバム 「ライト・アップ・ザ・ナイト」(Light Up the Night)A面1曲目。そこからシングル・カットされた曲。

プロデューサーの巨匠!クインシー・ジョーンズがあまりにも有名なので、曲を作ったロッド・テンパートンの名前があまり出ませんが、ディスコファンには「ブギーナイト」(Boogie Nights)でお馴染み、ヒートウエイブのメンバーがStomp。「ストンプ」(Stomp)も彼も作品でございます。

ロッド・テンパートンはマイケル・ジャクソンの作品も手がけ、クインシー・ジョーンズやブラジョンのベーシスト、ルイス・ジョンスン等と一緒にあの!マイケル・ジャクソンムーブメントのサウンドを担当していたわけですね。



posted by 麻呂 at 16:28| ブラザーズジョンソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

ニューファンクという言葉が廃れ、かわってブラックコンテンポラリーなんて言葉が流行りだした頃の ブラザーズ・ジョンソン ファンキーナウ Brothers Johnson - Ain't We Funkin' Now [1978]



ネットショップの開業ならカラーミーショップ


ブラザーズ・ジョンソン ファンキーナウ Brothers Johnson - Ain't We Funkin' Now [1978]

1970年代初頭の、大型ファンクバンドラッシュ!「ニューファンク」の時代が一段落した1976年。巨匠!クインシー・ジョーンズに認められ、兄・ジョージ(ギター、ヴォーカル)と弟・ルイス(ベース)のジョンソン兄弟からなるユニット。ブラザーズ・ジョンソンがデビューしました。

ブラザーズ・ジョンソン登場あたりから、ニューファンクという言葉が「ニュー」じゃなくなってきたので(笑)、商魂逞しいレコード会社は今度は「ブラックコンテンポラリー」、略してブラコンとファンクを呼ぶようになってきたので、このへんはR&Bが「ニューソウル」と呼ばれるようになって、ニューソウルも又「ニュー」じゃなくなってきたので(笑)、なんとなーくニューソウルもニューファンク同様、言葉が廃れてきてたので、案外、映画「サタディナイトフィーバー」の大ヒット以降の空前の!ディスコブームだった1970年代末期から80年代初頭、ディスコ通いしてた方々は、ファンクとかソウルとか、ましてやR&Bなんて「一昔前」の呼び名(笑)、実はリアルタイムは馴染みが薄く、、、

ブラコン、ディスコ、ミュンヘン、サーファー、AOR、クロスオーバー、、、

と、何でも適当に区分けし、このへんの音楽を呼んでましたよね(笑)、、、。



まあ、そんなヨタ話しはどうでもいいいとして(笑)、弟のルイス・ジョンソン!!ブラザーズ・ジョンソンデビューの1976年は未だ若干21才。今は特にプレイヤーサイドの方々中心に「スラップ」で統一されてるようですが、当時は「チョッパー」。

ルイス・ジョンソンのチョッパー奏法は一斉を風靡したわけで、踊り場、ディスコシーンでチョッパー奏法といえば代名詞はラリー・グラハムだったわけですが、ジャズシーンのスタンリー・クラークやジャコ・パストリアスの登場も相まって、ベースマンが非常に!脚光を浴びるようになった頃で、この頃、チョッパーベースはとても「偉かった」んです(笑)、、、時代は特にロックシーンはギターヒーローの時代でしたが、チョッパーベースは別格!!とっとも!「偉かった」んです。

偉かったからルイス・ジョンソンはブラザーズ・ジョンソンだけにとどまらず、マイケル・ジャクソンのアルバム「オフ・ザ・ウォール」「スリラー」、ヒット曲の「ビリー・ジーン」「今夜はドント・ストップ」。ジョージ・ベンソンのアルバム「ギヴ・ミー・ザ・ナイト」と、お呼びがかかり放題の、当時はセッションマンとしても超売れっ子さんだったんですね。

posted by 麻呂 at 17:15| ブラザーズジョンソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。