2012年12月02日

ニューファンクブーム時代、クロスオーバーからスタイルをかえ大成功したクール&ザ・ギャングの ジャングルヴギ KOOL & THE GANG-JUNGLE BOOGIE,LIVE IN 1974.mp4





ショッピングカートASP業界でNo.1の店舗数 カラーミーショップ


クール&ザ・ギャングは、一粒で3つおいしい魅力があります(笑)。又、今現在、人妻熟女、おっちゃんのダンクラファンでも、クール&ザ・ギャングファンには2種類おり、1種類はこちら彼等の名前を決定的にした「ジャングル・ブギー」(Jungle Boogie)や「ファンキースタッフ」(Funky Stuff)等の、ディスコブーム以前の70年代初頭の踊り場時代のニューファンク、ニューソウル華やかなりし頃のファンクバンドの彼等のファン。

もう1種類は正に!空前の世界的なディスコブームど真ん中、1979年にジェームス・"JT"・テイラー加入後の「セレブレーション」(Celebration)等のディスコヒットの頃の、ディスコバンドとしてのファン。

若者からみたら、同じような、人妻熟女、おっちゃんに見えても、若き頃、多感な思春期時代のこの数年の差というのは、非常に!大きく(笑)、このへんが昨今のダンクライベントで、クール&ザ・ギャングの曲を使う時の、客層をみてのDJさんの腕の見せ所になるわけでございます。



で、もう1つのクール&ザ・ギャングの一粒で3つおいしいソレは、「ファンキースタッフ」(Funky Stuff)以前の、商業的には惨敗していたインストのジャズファンク時代のソレ!。これがなかなか良いのであります。70年代後半から80年代のクロスオーバー、フュージョンファンの方なら、ちょっと楽しめる音源だと思われます。

1994年のタランティーノ監督によるアメリカ映画「パルプフィクション」で、「ジャングル・ブギー」(Jungle Boogie)がカッコよく使われていた時は、当サイト運営者はスクリーンを観ながら心の中でガッツポーズを決めたものでした。(タランティーノなら酒飲んで友達になれる)と、格も器も違うので!なれるわけがないのですが(笑)、まあ、一人で思ってる分には私の自由、勝手ですので〜、、、思った次第。




1/6 Honda モンキー 40thアニバーサリー



posted by 麻呂 at 17:13| クール&ザギャング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

ニューファンクグループとして踊り場で一世を風靡したクール&ザ・ギャングのディスコブーム時の大ヒット曲! セレブレーション Kool & The Gang - Celebration





女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」


Kool & The Gang - Celebration

クール&ザギャングも結成は1960年代と古く、当初は70年代初頭のアース、ウインド&ファイヤーが商業的には失敗したように、クール&ザギャングもインストの「ジャズファンク」、後にフュージョンと呼ばれるクロスオーバーをやっていて、全く商売にはなっていなかったそうで、1973年、衝撃の!「ファンキースタッフ」(Funky Stuff」が初のアメリカンチャート入りを果たしブレイク。

「ファンキースタッフ」は日本の踊り場シーンでも使われまくり、翌1974年の「ジャングルブギー」(Jungle Boogie)も、アメリカでチャート最高4位まであがる初の大ヒット!当時の日本の踊り場でも使われまくり、クール&ザギャングの名は一躍、未だ未だアンダーグラウンドの世界でしたが、踊り場で遊ぶ若者達、黒人音楽好きの音楽ファンに認知され、日本でも人気グループになりました。

クール&ザギャングと言えば!「ファンキースタッフ」「ジャングルブギー」さ世代と、いやいやクール&ザギャングと言えば!なんと言っても、Voのジェームス・"JT"・テイラー加入後の、空前のディスコブーム真っ盛りの1980~81年にかけ日本でも大ヒットした「セレブレーション」(Celebration)さ世代では、若者達からみたら皆、同じおっさん、おばちゃんに見えても、若き頃の踊り場デビュー年齢の微妙な!数才の違いの想い出、感覚の差が年くっても大きく、、、

特に!クール&ザギャングはディスコブーム以前の大ブレイク後、低迷期が数年あって、その後、JTが1979年、空前のディスコブームの最中に加入。彼等最大の!大ヒット曲「セレブレーション」等のヒットをディスコブーム期に連発してるので、渋めのファンクを聴かせてくれてたクール&ザギャングファンと、正にディスコブーム最盛期、ディスコヒットを連発させたクール&ザギャングのファンの、同じ年配のダンクラファンでも、このバンドは2種類のファンがおります。





posted by 麻呂 at 14:58| クール&ザギャング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん