2016年03月06日

邦題「ファンク魂」、踊り場からディスコに向かう1975年に放ったクール&ザ・ギャングの Spirit Of The Boogie



本当にほしかったのはこういうブログだったんだ




1980年の空前のディスコブーム時代、「セレブレーション」の大ヒットで当時のディスコフリークに大人気だったクール&ザ・ギャングは、元々は同じくディスコブーム時代大人気だったアース・ウインド&ファイアー同様、ジャズファンク、クロスオーバーバンドで、このへんは彼等のベストアルバムをもってる方なら、その当時の楽曲も入ってるので、よくご存知の筈。

共にあまり売れたジャズファンク、クロスオーバーグループではなかったですが、頭角を表したのはアースウインド&ファイアーと同時期の、ニューファンクムーブメント真っ盛りの1973年頃ですが、踊り場人気は「ファンキー・スタッフ」「ジャングルブギ」の二大ヒットを放ったクール&ザ・ギャングの方が先だったと言えます。

邦題「ファンク魂」=Spirit Of The Boogieは1975年に放った、「ファンキー・スタッフ」「ジャングルブギ」「ハリウッド・スィンギング」に続く、当時は未だ踊り場人気だったとはいえ連続ヒットで、「ハリウッド・スィンギング」で後のディスコヒットを放つ片鱗をのぞかせますが、こちら「ファンク魂」=Spirit Of The Boogieは「ファンキー・スタッフ」「ジャングルブギ」並みの再び、邦題通りの「どファンク」ナンバー。

でも、原題はファンクではなくブギー(笑)。直訳すると「ブギーの精神」、、、。

当サイト運営者、恥ずかしながら当時のこの Boogie の定義がよくわからない。ブギウギではなくブギー。後のテイスト・オブ・ハニーやアースのディスコヒットもブギーってタイトルにつけてますし、ジェフ・ベックのジェフズ・ブギー、Tレックスのボーン・トゥ・ブギー等、ジャンルを越えてブギーは使われておりましたが、、、体感でも理解できても能書き、解説ができませぬ(汗)、、、。





posted by 麻呂 at 22:26| クール&ザギャング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

ニューファンクからディスコに流れる分岐点だったとも言えるクール&ザ・ギャング ハリウッド・スィンギング Kool & The Gang - Hollywood Swinging





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

ニューソウル、ニューファンク華やかなりし時期、アース・ウインド&ファイヤー同様、クロスオーバー、ジャズファンク系グループとしてデビューするも、イマイチ脚光を浴びる事のなかったクール&ザ・ギャングが、ビルボード30位以内の初ヒットになった「ファンキー・スタッフ」に続き、ビルボード4位の「ジャングル・ブギー」と連続ヒットを記録!。黒人音楽に疎かった、黒人音楽はブルースやジャズ同様、R&Bもソウルもファンクも日本では未だ未だマニアックな世界だったので、日本では当時、盛り場の踊り場人気レベルでしたが、クール&ザ・ギャングの名は、この極東の島国まで届いてきました。

そんな波に乗るクール&ザ・ギャングが1974年、次に放ったビルボード6位の、こちらも大ヒットになった「ハリウッド・スウィンギング」(Hollywood Swinging)。1979年にジェームス・"JT"・テイラーが加入してからのディスコ大人気グループになったクール&ザ・ギャングとは、この頃はまだサウンドが異なり、かなりのこちらもファンクサウンド。

1975年になっても、日本の踊り場シーンでクール&ザ・ギャングの快進撃は止まらず「ライム・タイム・ピープル」「ファンク魂」(Sprit Of The Boogie)が人気になりますが、マイアミから登場したKC&ザ・サンシャインバンドの連続ヒット、ヴァン・マッコイ等の所謂「ディスコサウンド」に時代が変わってきたので、このへんでファンクを全面にだしたクール&ザ・ギャングの快進撃は止まっており、おそらく2013年今現在、40才前後の方にとって、クール&ザ・ギャングと言えば、ジェームス・"JT"・テイラー加入後のディスコサウンドによる大ヒットを放ったグループという印象しか、若き頃はない事でしょう。

1974~1975年、日本の踊り場で人気だった、クール&ザ・ギャングがばりばりのファンクサウンド時代の、こちら「ハリウッド・スウィンギング」(Hollywood Swinging)はヒット曲でございます。







ラベル:ファンク
posted by 麻呂 at 11:23| クール&ザギャング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

ニューファンクブーム期、大ブレイクしたクール&ザギャング ファンキー・スタッフ Kool & The Gang | Funky Stuff | 1974





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

1973年、衝撃のナンバー!「ファンキー・スタッフ」(Funky Stuff)。それまでのR&Bではない、ニューソウルと共にニューファンクと呼ばれていた、クール&ザ・ギャングの「ファンキー・スタッフ」(Funky Stuff)は相当!斬新で新しいサウンドで、まあ、当サイト運営者は1970年前後、ジェームス・ブラウンとバンドの揉め事=解雇メンバー交代劇でジェームス・ブラウンが作ったニューJBSから、70年代後半のブラザーズ・ジョンソンあたり迄の約10年間が、今も若い人達に支持されている(というより空前の和製ふぉーくブーム下のリアルタイム若者だった層より、詳しかったりする)ファンクミュージックの円熟期、完成期だったのではないか?なんて思っております(ディスコサウンドではなくです)。

クール&ザ・ギャング、BTエクスプレス、コモドアーズ、オハイオプレイヤーズなどが続々とシーンに登場し、スライ&ファミリーストーンのラリー・グラハムが作ったグラハム・セントラル・ステーションやジェームス・ブラウンのJBS、ウォー、タワー・オブ・パワー等々!当時のニューファンクシーンはほんに!強烈でした。

「ジャングルブギー」「ファンク魂」と、かなり黒っぽいファンキーな曲を連続ヒット(踊り場レベルですが)
させ一躍!踊り場の時の人になったクール&ザ・ギャングでしたが、この後のアース・ウインド&ファイヤーがそうなように、元々はジャズを志してたグループで、アース同様クロスオーバーの商業的失敗組&ファンク路線成功組で、このへんは彼等のベストアルバムで今も聴く事ができますね。

で、その後、少し低迷期があり80年前後の空前のディスコブーム期に、ジャームス・JT・テイラーを新ボーカルに起用し、よりディスコサウンドに変貌、商業的に大成功したサウンドの変革、それを「商業主義に走りやがって」とコアなファンクファンからは白い眼で見られていた所も、でもディスコファンには圧倒的に支持され(されてる)、多くのニューソウル、ニューファンクのシンガー、グループはブーム期には消えていた中で、欧州勢の活躍が目立つようになる空前のディスコブームを、北米チームとして生き残り(笑)、商業的にも大成功した所迄、実にアース・ウインド&ファイヤーにクール&ザ・ギャングはよく似てます。






posted by 麻呂 at 11:31| クール&ザギャング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。