2013年03月14日

タバレスのメンバーだったリロイ・ゴメスの放った大ヒット曲 サンタ・エスメラルダ/悲しき願いDon't Let Me be Misunderstood





大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】


♩だ〜れのせいでも ありゃしない みんな おいらが悪いのさ

東京五輪に湧いた翌1965年、洋楽に日本語詞をつける和製ポップスの全盛時代、尾藤イサオ氏が大ヒットさせた「悲しき願い」(Don't Let Me be Misunderstood)。

後に、アメリカでウォーを結成するジェームス・バートン率いるイギリスのジ・アニマルズのオリジナルだと、普通に「悲しき願い」(Don't Let Me be Misunderstood)思われておりますが(サンタエスメラルダのオリジナルと思ってる人も普通にいるけど。笑)、実はアメリカの黒人ジャズミュージッシャン&シンガーのニーナ・シモンがジ・アニマルズより1年早くレコーディングしており、又、作詞作曲はベニー・ベンジャミン、グロリア・コールドウェル、ソル・マーカスという面々で、ジ・アニマルズのオリジナルではないのですね。

という屁理屈はさておき(笑)、サンタエスメラルダ!!

当サイトでも再三再四!触れておりますが、70年代のディスコブームは、80年以降のユーロビート以前に北米アフリカンアメリカンのソレだけではなく、多分に欧州勢が活躍していたわけで(プロデュース含め)、こちらサンタエスメラルダも、アメリカとフランスの混成ディスコグループで、「悲しき願い」(Don't Let Me be Misunderstood)は1977年、空前のディスコブームに突入する年に発表され、ディスコヒットした曲であります。

サンタエスメラルダのリードボーカリストのリロイ・ゴメスは、古のディスコフリーク、ダンクラファンには「愛のディスコティック」でお馴染み!タバレスのメンバーだった方で、タバレス脱退後、独立レーベルをたちあげ、ニコラス・スコースキーとジーン・マヌエル・デ・スカラノ と結成したのが、こちらサンタエスメラルダで、フランスの独立レーベルからこちら「悲しき願い」(Don't Let Me be Misunderstood)は発売。

レコードジャケットに印字されてるように、エキゾチックなフラメンコスタイルのイントロに、聴きなれた元々ジ・アニマルズがヒットさせた名曲の「悲しき願い」(Don't Let Me be Misunderstood)は欧州を中心にヒットし、ディスコ・ミュージックで実績のあるカサブランカ・レコードの目にとまり(耳に?)全世界配給契約を獲得。日本は元より世界中でヒットしたわけであります。







posted by 麻呂 at 16:59| タバレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

摩訶不思議な踊り場ヒットだった曲 ディスコ天国 タバレス Tavares -- Heaven Must Be Missing An Angel





1976年、タバレスが発表したアメリカでも日本でもウケた、非常に爽やかなダンスナンバーの「ディスコ天国」(Heaven Must Be Missing An Angel)。

1975年、今もダンクラシーンでとても人気の高い「愛のディスコチック」(Tavares it only takes a minute)で、日本でも踊り場、ディスコシーンで人気を得たタバレス絶好調の頃の1曲ですね〜。

1976年というとかなり60年代のR&B、70年代初頭のニューソウル、ニューファンクが最新の!「ディスコサウンド」に、だんだん追いやられていった感があり、まあ、今でこそダンクラ、ダンスクラシックナンバーと呼ばれておりますが、当時の踊り場、ディスコファンはよく言えば流行に敏感、新しもの好きでしたので、踊り場、ディスコの盛衰は本当に短期間で、ちょっと悪い噂が流れると、目新しい洒落た店が他に出来ると、特に野郎の場合「あそこはマブい女が多いらしい」なんて口コミの噂を耳にすると、すーぐ!そっちの店に行っていたので(笑)、お店も常に最新のナンバーを中心に、楽曲も店内も新しい「ナウな」雰囲気を保っていないともたなかったので、これはいたしかたなかったなと思う次第。

既にあれだけ!盛況だったフィリーソウル(フィラデルフィアサウンド)も、1976年頃は人気は下降線に向かっておりましたが、その流麗な大オーケストラによる、16ビート(ファンクビート)をストリングスサウンドに乗せる手法は残り、ヴァン・マッコイの「ハッスル」「ディスコ・ベイビー」のサウンドの影響も大ですが、これはこの後の空前のディスコブームで更に!顕著になっていくわけで、この時期はその中間とでも申しましょうか。

こちらタバレスの「ディスコ天国」(Heaven Must Be Missing An Angel)は、そんな時代考証も楽しめるナンバーであります。







posted by 麻呂 at 17:55| タバレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

ディスコブーム期も昨今のダンクライベントでも大人気のタバレス 愛のディスコチック Tavares it only takes a minute a Music video





女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」


原題「It only takes a minute」、恋におちるのに1分しかかかないを「愛のディスコチック」とする、1975年当時、70年代末期、映画「サタディナイトフィーバー」の世界的大ヒットにより空前のディスコブームが巻き起こる寸前、じわじわとアンダーグラウンドだった踊り場シーンが人気になりつつあったあの時代、レコード会社のセンス、商魂!凄まじき!(笑)。

昨今のダンクライベントでも、この曲も又、大盛り上がり間違いなしの鉄板!未だに人気の高い1曲ですが、このタバレス!実は1950年代後半のR&B、R&R時代から、兄弟を中心に活動していたそうで、空前の大ヒット初ヒットになるのが1975年のこちらの曲なのですから、随分と長い下積み時代だったと感じずにはおれませんが、結局、多くのグループがそうであったように、ディスコブームが陰りをみせると、タバレスもやはり人々から忘れ去られてしまいました。

posted by 麻呂 at 12:14| タバレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん