2016年06月08日

ルーファスから独立したチャカ・カーンのソロデビュー曲「アイム・エブリ・ウーマン」(I'm Every Woman)は、空前のディスコブームの1978年









2016年現在も、古のダンスクラシックファン、R&B、ソウル、ファンクファンには人気の高い女性シンガー!チャカ・カーン。

チャカ・カーンが、ファンクグループ「ルーファス」のシンガーから「アイム・エブリ・ウーマン」(I'm Every Woman)でソロデビューするのが、世界的な空前のディスコブームが吹き荒れるとっかかりになった1978年。

チャカ・カーンがその後ソロシンガーとしても大御所になってるので、彼女のプロフィールは有名になり、このへんのルーファス在籍時の話しは有名になってますが、実際にそんなに70年代初頭のニューソウル、ニューファンクブーム(アメリカでは)の頃、日本では一般的には殆ど知られてはいなかったですね。

又、当時の踊り場フリークの間でも、当時のニューファンクグループではクール&ザ・ギャングやBTエクスプレス、オハイオ・プレイヤーズなんかの方が知名度が高かったですし、コアなファンクファンにはJB’sやグラハム・セントラル・ステーションの方が人気高かったような記憶が、当サイト運営者はあります。

勿論、ルーファスもそんなニューファンクブーム(アメリカと違い、日本ではあくまでも踊り場での出来事でしたが)に登場、知られたバンドには違いないですが、ルーファスはチャカ・カーンがソロになって売れてから、彼女が在籍してる、してたバンドっ事で、もの凄く知られるようになったバンドだと、当サイト運営者は記憶しております。

まあ、ソロになった矢沢永吉氏を知って、それ以前の矢沢氏が在籍してたキャロルを知るみたいなパターンに、チャカ・カーンとルーファスは似てると思いますね。





posted by 麻呂 at 13:41| アメリカ ファンク R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん