2016年04月30日

1978年の邦題「チャンタで行こう」 マイケル・ゼーガー・バンド「レット・オール・チャント」(Let's All Chant)



ロリポップ!★104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪

EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...





空前のディスコブーム吹き荒れる1978年アメリカでもそれなりに売れ、日本では漫画家の黒鉄ヒロシ氏のイラストジャケットと、邦題「チャンタで行こう」で売りだされた「レット・オール・チャント」(Let's All Chant)。

当サイト運営者、エディ・ケンドリックスの「ブギーダウン」みたいなベースフレーズと、♪ふ〜ふ〜 のかけ声がとても印象の残ってる曲ですが、このマイケル・ゼーガー・バンドというのはよくわからない。

PVを観ると、まあ、当時のディスコのそれで多いですが、曲が流れダンサーが踊ってるソレで、管楽器のプレイヤーが後半ちょっと映るだけで、どんなバンドなんだか当時同様今もさっぱりわかりませんが、このマイケル・ゼーガーはR&B、ソウルファンにもお馴染み、グラディス・ナイトやスピナーズなどのプロデュースをやられていた方で、ディスコブームの一発屋とは異なる方。

ゆえに日本で言えば「セクシー・バス・ストップ」を歌謡ヒット&ディスコヒットさせた、筒美京平氏のDr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレスみたいなものなのかしらね?。





posted by 麻呂 at 08:38| ETC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん