2016年03月12日

空前のディスコブーム吹き荒れる1980年、映画と共に大ヒットしたアイリーン・キャラの「フェーム」(Fame)



ネットショップの開業ならカラーミーショップ




日本公開は1980年末の映画「フェーム」で使われ、ディスコブームの最中流行ったアイリーン・キャラの「フェーム」(Fame)。

実はこの映画の監督は、「小さな恋のメロディ」ヲタにはお馴染み!「小さな恋のメロディ」の脚本、原作を書いたイギリス人のアラン・パーカーで、こちら「フェーム」も「小さな恋のメロディ」同様、ある種の学園青春ドラマ。

で、アイリーン・キャラも当時は未だ21才の若者でしたが、子役時代からあちらでは活躍されていたそうで、日本で彼女が決定的な人気を得るのは、この2年後の映画「フラッシュ・ダンス」で主演&歌唱を「フェーム」同様披露してからで、「フラッシュ・ダンス」は洋楽としては異例のオリコン21週連続1位、同オリコンアルバムチャートでも10週連続1位を獲得したほど、何故か?日本人にとても受けた曲で、作曲したのはイタリアの音楽家のジョルジオ・モロダー(作詞にアイリーン・キャラの名もある)。

日本のYMOや小室哲哉氏が、彼からの影響を口にされていた、まあ、シンセサイザーを駆使したユーロビートの巨匠で、当時のディスコファンにはドナ・サマーの楽曲等で有名だった方ですね。

「フラッシュダンス」のジョルジオ・モロダーは1983年にアカデミーを獲得しますが、「フェーム」(Fame)の作曲のマイケル・ゴアも、この年のアカデミー賞の歌曲賞、作曲賞を受賞しております。




posted by 麻呂 at 18:54| ETC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。