2016年03月01日

サウンドがちょっと当時のトロピカル系、ディスコブームの最中、人気だったボニーMの邦題「フレーフレー」(Hooray! Hooray!)。









当サイト運営者(なんだかアバみたいな曲だなー)という印象だった、ボニーMの邦題「フレーフレー」(Hooray! Hooray!)。

空前のディスコブームの渦中、1979年にディスコヒットした曲で、当時の踊り場フリークでボニーMやその楽曲の好き嫌いは個々の好みにして、あのディスコブームでアラベスクとともに、所謂「ミュンヘン」ブームを巻き起こしたのが、このボニーM。

ボニーMは「ミュンヘン」ていうぐらいですから、ドイツのディスコグループなわけですが、メンバーは中南米とアフリカ出身者を集めたグループで、元々はドイツ白人のフランク・ファリアンがスタジオミュージッシャンを集めて作ったダンスミュージックの覆面ユニットみたいな形でスタートしたそうですが(当時のフランス、イタリアではよくあったし、日本でも筒美京平氏が同じ事をやられてた)、レコードが売れだした為!、、、

急遽、肌の黒い男女を集めボニーMというグループを、言葉は悪いですが「でっちあげ」、シンガー役(?)のボビー・ファレルはレコードジャケットにも堂々登場しておりますが、レコーディングには参加せず、ライブも殆ど口パクで、実際に歌っていたのはフランク・ファリアンだったとか、、、。

まあ、そんなこんなの経緯のせいか?ボニーMは、普通の当時の「ディスコのコ」達には想い出深い、懐かしいグループなわけですが、いまいちコアなファンキーミュージック、ブラックミュージック好きの方には評価の低いグループなわけですが、そういう裏事情なんて踊ってるのが楽しい、ディスコが面白かった人達には、関係ないですからね(笑)。

ボニーMは相当なヒット曲を放っておりますし、こちら邦題「フレーフレー」(Hooray! Hooray!)のYouTube再生回数はもの凄い数ですから、世界中の人達が観てるんだと思いますから、やっぱり多くの人に好まれ売れた曲、グループって凄い事なんだなーと、痛感する次第でございます。

ちなみにボビー・ファレルは数年前、ツアー中の旅先でお亡くなりになったそうですね。ご冥福をお祈りいたします。





posted by 麻呂 at 15:42| 欧州 ディスコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん