2016年02月28日

ウーマン・ニーズ・ラブの大ヒットの前、ブームの最中の1980年にレイパーカー・Jr.が放ったディスコヒット!パーティー・ナウ=IT'S TIME TO PARTY NOW









ファンク系サウンド&リズムギターを好む人には、当時も今も高い人気を誇ってるギタリストでありシンガーのレイ・パーカーJr.は、二十歳前後からバリー・ホワイトのラブ・アンリミテッド・オーケストラ、そしてチャカ・カーン、スティービー・ワンダーのセッションに参加し腕を磨き、その人ありと業界中で定評を作った方で、こちら「パーティー・ナウ」=IT'S TIME TO PARTY NOWは、空前のディスコブームがアメリカ、イギリス、そして日本と世界中で吹き荒れていた1980年に、レイ・パーカーJr.&レイディオ名義で放ったディスコヒット。

レイ・パーカーJr.は、この翌1981年に放った「ウーマン・ニーズ・ラブ」の大ヒットで一般的に広くしられるようになりますが、当時のディスコブームは、アバやビージーズなどの白人勢は勿論、それまではかなり独特なファンキーな臭いをかもしだしてたアフリカンアメリカン、肌の色の黒いファンク系の人達も、シックやアース・ウインド&ザ・ファイヤー、クール&ザ・ギャング等はじめ、踊りやすくポップでキャッチーな曲をヒットさせており、レイ・パーカーJr.もそんな一人でした。

こちら「パーティー・ナウ」=IT'S TIME TO PARTY NOWは、昨今もダンクライベントで、とても好まれ需要があるので、DJさんがよく使ってる、とても盛り上がる1曲ですね。

近年は当時、クロスオーバー、フュージョンブームでもあった、そっち側の人気者だったジョー・サンプルのサポートギタリスト(彼のリズムギターは昔から定評がある)、そしてシンガーとしてレイ・パーカーJr.は活躍されてるようですね。





posted by 麻呂 at 20:07| アメリカ ファンク R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。