2015年02月23日

アース・ウインド&ファイアーの人気が没落した時期、とても流行ったフィリップ・ベイリーの「イージーラバー」(Easy Lover)



たった数秒でポイントが貯まる!【楽天ツールバー】




80年代ものですが、こちらアース・ウインド&ファイアーのフィリップ・ベイリーとフィル・コリンズの「イージーラバー」(Easy Lover)が発表され人気曲になった1984年頃は、既にアメリカでは1980年前後の空前のディスコブームは下火になっており(日本では未だ未だ続きますが)、アース・ウインド&ファイアーも、1981年の「レッツ・グルーヴ」のディスコヒットが収録されてるアルバム「天空の女神」以降、これ!と言ったヒット曲の出なくなっていた時期とリンクしてるんですね。

1983年のアルバム「創世記」は、アースファンを当時完全に支えていた「ディスコのコ」達が喜ぶディスコヒットは生まれず、アルバムの売りあげも不調(アメリカでも)。

そして「アースファンを当時完全に支えていた「ディスコのコ」達」が喜ぶと、きっとモーリス・ホワイトは思ったのでしょうね。時代はテクノ!テクノブームも一段落して、それが「当たり前」になりつつあったので、モーリス・ホワイトは何と!、アース自慢の!アースの売りでもあったホーン・セクション(フェニックス・ホーンズ)と決別。

が、エレクトリック・サウンド導入=テクノサウンドのダンス・ミュージックに変貌するアルバム「エレクトリック・ユニヴァース」を1983年に発表するも、これが見事にコケるんですね(汗)。

アルバム「創世記」からは、前作の「天空の女神」収録の「レッツ・グルーヴ」のようなディスコヒットは生まれず、アルバムの売り上げも不調だったので、モーリス・ホワイトはアースの「テクノ化」で一発逆転を狙ったのでしょう。でも、その目論みは見事に外れ、「エレクトリック・ユニヴァース」は全米ビルボードアルバムチャート最高位40位という、それまでのアースでは考えられない惨敗をくらい、ここでアースは活動を一時停止してしまうんですね。

まあ、1982年、「ナイト・バーズ」が日本で大ヒットしたイギリスのシャカタクが、1984年頃から完全にダンス・ミュージックに方向性がかわっていき、それまでのシャカタクを支えていた所謂フュージョンファンからの支持を失いつつも、日本のディスコブームは未だ未だ続いておりましたし、女性ボーカルをフューチャーしたシャカタクのダンスミュージックは「洒落た」感じもあったので、後にバブルと言われる時代に一直線の時期、それなりの需要が日本ではあったのに対し、アースは大失敗してるのは、とても対照的な感を、当時も今も、当サイト運営者はうけます。





まあ、1980年代後半以降の日本や欧州のディスコシーンは、所謂「ユーロビート」専門になり、それ以前のR&B、ソウル、ファンク系と、完全に「ディスコ」で使われるサウンドがかわってしまった、この時期は分岐点だったとも言えるわけです。

そんな「テクノ化の失敗」のアース・ウインド&ファイアーが、一時活動停止になるほど人気が奈落の底に落ちた1984年、アースの人気シンガー、フィリップ・ベイリーとジェネシスのドラマー&シンガー、フィル・コリンズが放ったヒットが、こちら「イージー・ラバー」(Easy Lover)。

この曲はベイリーとコリンズと共に、レコーディングに参加したベーシストのネイザン・イーストの競作で、彼はエリック・クラプトンのサポートでも有名なのでロックファンにも幅広く知られておりますし、又、フュージョンファンにも、ボブ・ジェームス、リー・リトナー、ハービー・メイソンとのグループ「フォープレイ」(ギターはラリー・カールトン、チャック・ローブとかわってます)のメンバーとしても知られているベーシストですね。

posted by 麻呂 at 18:53| アースウィンド&ファイアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。