2015年02月11日

1970年代半ば頃迄に、本当に踊り場で遊んでた人しか今や知らない、ザ・テンプテーションズの「スーパースター」









1970年代中期頃まで、わりと踊り場で不良少年やズベ公に人気だった、ザ・テンプテーションズの「スーパースター」(Superstar (Remember How You Got Where You Are)。

基本この曲はフリーですが、ちょっと独特なステップがあったので、古のダンクライベントで、2015年現在、この曲で「そのステップ通りに」踊ってる初老中高年の方がおりましたら、その方は若き頃、相当な!真性「不良」だったと思って、若い方は間違いないです(笑)。

この曲は1971年に発表された曲で、この頃からザ・テンプテーションズはもータウン・レコードのノーマン・ホィットフィールドが提唱するサイケデリック・ソウルの、悪く言えば実験台になっていた所があり、「マイガール」のザ・テンプテーションズのファンの方々には、ちょっとその変革ぶりは驚きに値する時期であったと思われます。

まあ、古の踊り場ファンの方にはお馴染み!マーヴィン・ゲイの「悲しい噂」、エドウィン・スターの「黒い戦争 」等もノーマン・ホィットフィールドの手がけた作品で、ザ・テンプテーションズが、こちら「スーパースター」(Superstar (Remember How You Got Where You Are)と同時期に発表した、1971年の全米ビルボートチャート1位を獲得の「ジャスト・マイ・イマジネイション」は、この後、ザ・ローリング・ストーンズにカヴァーされていたので、ちょっとしたロックファンにもお馴染みだと思いますし、又、この翌年発表された、こちらも全米ビルボードチャートで1位に輝いた「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン」は、ノーマン・ホィットフィールドのサイケデリック・ソウルの集大成だったと思われます。





こちら「スーパースター」(Superstar (Remember How You Got Where You Are)は、未だ未だアンダーグラウンドの世界、見渡せば非行少年とズベ公ばかりだった当時の踊り場で、とても人気が高かった曲でしたが、1970年代も半ばになると、新しいディスコサウンドが沢山でてきたので、DJさんもナウな新曲を使わないといけないですし、時間的制約もあり、それ以前の踊り場で人気だった曲は、徐々にカットされる傾向にあったので、こちら「スーパースター」(Superstar (Remember How You Got Where You Are)も、1980年前後の空前のディスコブームの頃は、完全に忘れ去られてしまいましたが、当時、別にアメリカでもそれほど大ヒットしたわけでもないこの曲を、踊り場で使ってたDJさん達のセンスには、当サイト運営者、今も脱帽いたします。

なんたって!、、、♪すーぱーすたー ぐっごー ですよ?(笑)。♪ぐっごー と言えば!ジェームス・ブラウン。ジェームス・ブラウンの「セックス・マシーン」や「スーパー・バッド」と共に、この曲は1970年代半ばまで、踊り場でとても!人気が高かったのです。

posted by 麻呂 at 17:05| テンプテーションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん