2015年02月04日

日本人には誉れ!テイスト・オブ・ハニーの「スキヤキ」=坂本九「上を向いて歩こう」 A Taste of Honey SUKIYAKI



全国直営仲介取扱件数NO.1の住友不動産販売で無料査定!




空前のディスコブーム期に「今夜はブギ・ウギ・ウギ」を全米ビルボードチャート1位に輝かせ、日本のディスコでも人気になり、一般洋楽ファンの間でも一躍注目されたテイスト・オブ・ハニーは、ディスコブーム期に「当てた」グループなのに!一発屋で終らなかった(笑)。

1980年前後の世界的な空前のディスコブームは、今も昔も賛否両論ありますし、こてこてのハードロック、ヘビーメタルファンだった方、そこにいる「人種」その場、そこで使われる音楽に嫌悪感を抱いていた方には、何の思い入れもないでしょうが、音楽で国籍、人種、肌の色を超越するという崇高な理念を考えると、このディスコブーム時代は、北米アフリカンアメリカン、北米白人、プロデューサー含む欧州圏の白人、アフリカ、中南米、そして日本と、正に!国籍も人種も肌の色も関係なく、そこに居る人達は音楽を楽しみ、喜んで踊りまくってたわけですから、凄いもんだったと、当サイト運営者は思うわけであります。

肌の色の黒い北米の女性二人のテイスト・オブ・ハニーは、日本人は肌の色に関係なく、言葉も通じないのに、自分達をエンターティナーとしてみて扱ってくれると、親日的な事を言っていたそうで、このへんは、ほぼ黄色人種の国の日本人に、人種のるつぼのアメリカ人、それもアフリカンアメリカンの「心」というのは、なかなか!わかりずらいものだと思いますし、踊り場、ディスコの曲は北米アフリカンアメリカンもの以外、全て!偽物、フェイク。北米アフリカンアメリカンものしか認めない的な、逆差別好きなR&B、ソウル、ファンク贔屓も、日本には多々いるのですが、テイスト・オブ・ハニーにはわからなかったのでしょう(汗)。





てなわけで、こちら日本が誇る!日本人唯一の!全米ビルボード1位獲得者、坂本九氏の「スキヤキ」=「上を向いて歩こう」をテイスト・オブ・ハニーがカヴァーしヒットさせたのは、アメリカではディスコブームが終焉しかけた(日本では未だ未だ!続くが)1981年。この曲は全米ビルボードチャート最高位3位を記録する、大ヒットになりました。

まあ、永六輔氏の詞は、そもそも英語で歌っておりますし、内容も大幅に変えられたテイスト・オブ・ハニーオリジナルですが、アレンジはかわっていても作曲:中村八大氏(笑点のテーマ曲の作曲者でもあると言えば、殆どの日本人ならわかる筈)は燦然と!輝いてるわけですから、これは日本人には誉れでありまする♪。




posted by 麻呂 at 00:00| テイスト・オブ・ハニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。