2015年02月04日

空前のディスコブーム真っ盛りの全米1位ソング、プレイヤーの「ベイビー・カム・バック」(Baby Come Back)









1970年代初頭のニューソウル、ニューファンクの影響でしょう。パーカッションのリズミカルでグルーヴィーなリズムに、流麗なメロディ&ハーモニーの楽曲。アメリカンバンド伝統のサビの総ハーモ二ー、印象的なせつないギターメロに、当時、流行りのキーボードサウンドで全体を包み込んだ、素晴らしいバラード、名曲でございます。

1978年1月に全米1位を獲得。アメリカで映画「サタディナイトフィーバー」が上映され、遂に!既にディスコは国内外で60年代後半から静かな、そして日々支持者が増える(主に不良、とっぽい遊び人中心でしたが)着実なブームを、ずーっと続けていたわけですが、これにて一般的にも大ブレイク!空前の大ブームになるわけで、日本でも同年夏、公開され大ヒット。80年前後から90年代初頭のジュリアナ東京まで、ディスコブームが続くわけですが、「ベイビーカムバック」(Baby Come Back)はそんな時代背景の中、日本でも大ヒットしました。

2011年今現在、50代後半前半で昔の洋楽ポップスファンの方なら誰もが御存知のオリジナルキャストの「ミスターマンディ」、日本のザ・テンプターズ(萩原健一氏の居たバンド)のデビューシングル曲B面収録の「今日を生きよう」の原曲、オリジナルグループのグラスルーツ、そしてモータウン移籍後のフォートップス等を手がけたデニス・ランバート。

そのデニス・ランバートが設立したレコード会社から、このプレイヤーのヒット曲は生まれており、とてもポップでされどソウルフルな味わいのこちら「ベイビーカムバック」(Baby Come Back)の素晴らしい仕上がりは、デニス・ランバートの経歴を調べると、それは当然の成り行きだったんだなと、感心する次第でございます(勿論、バンドメンバーの秀逸な才能も含め)。



posted by 麻呂 at 00:00| ETC ロック&ポップス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。