2015年01月29日

スリー・ディグリーズの最後の踊り場ヒットは1976年の「ドゥ・イット」。The Three Degrees-Do It



【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】




当サイトでも再三再四ほざいてますが、スリー・ディグリーズが踊り場で爆発的に人気があったのは1974年で、1975年はその勢いも引き継いでおりましたが、案外、日本製フィリーソウル「ミッドナイト・トレイン」「苦い涙」は、歌謡芸能の世界、一般洋楽ファンには支持されておりましたし、それなりに売れたと思いますが、必ずしも踊り場では支持されておらず(だから昨今のダンクライベントでも、殆ど使われない)、続に出された「恋はシャンソン」も、いまいち踊り場では人気が不発で、ちょーっとスリーディグリーズの踊り場人気は下降していきました。

スリーディグリーズに限らず、フィラデルフィアサウンド、所謂フィリーソウル全体が、結果的にはその後の空前のディスコブームの序章とも言えた1975~76年になると人気に陰りが見え始め、1980年前後の世界的な空前のディスコブームで漁夫の利を得る事ができなかったわけで、フィリーソウルの人気のピークは1972~74年頃。スリーディグリーズやオージェイズと共にフィリーソウルの人気者だったスタイリスティックスも、アメリカでのトップ40ヒットは1974年が最後(日本ではヴァン・マッコイとの仕事以降の「愛がすべて」がその後も踊り場で人気だったが)。

そんなスリーディグリーズが踊り場、既にディスコと呼ばれるようになりつつたった1976年、当サイト運営者は「最後の踊り場ヒット」と実感してるのが、こちら「ドウイット」(Do It)。



聴いてもらえばわかる通り、「ドウ・イット」(Do It)は完全な!ディスコサウンドであり、1974年頃の流麗で壮大なオーケストラの奏でるフィリーソウルとはかなり違いますが、踊り場でスリーディグリーズの新譜が久々に人気になった曲でした。

この後、だいたいステージも写真も向かって左側だったフェイエット・ピンクニーがグループを脱退。グループもレコード会社も移籍、ディスコブームのイタリアの仕掛け人!ドナ・サマーをディスコクイーンに仕立てたジョルジオ・モロダーが、1978〜79年の正に!世界的な空前のディスコブーム突入の頃、スリーディグリーズをプロデュースしますが、「恋にギブ・アップ」が少し日本のディスコでも使われたような記憶がありますが、もはやスリー・ディグリーズがディスコで人気者になる事はなかったですね。

posted by 麻呂 at 00:00| スリーディグリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。