2015年01月26日

ミラクルズを脱退したスモーキー・ロビンソンの、セカンドソロアルバムからのシングルカット「バージンマン」



話題必須のダイエットプログラム・RIZAP(ライザップ)




1972年、ミラクルズを脱退しソロ活動に入った、ソングライターでもありモータウンレコードの副社長でもあったスモーキー・ロビンソンの、1974年のソロアルバム第二弾「PURE SMOKEY」からのシングルヒット、「バージンマン」(VIRGIN MAN)。

当時のニューソウル、マーヴィン・ゲイやカーティス・メイフィールドの一連のサウンドを意識してるかのような、ミディアムテンポながらグルーヴィーでセクシーなサウンド&歌唱の、当サイト運営者、スモーキー・ロビンソンの作品の中では一番好きなナンバーが、こちら「バージンマン」(VIRGIN MAN)。

ミラクルズは彼の変わりにビリー・グリフィンをリードシンガーに迎え、「バージンマン」(VIRGIN MAN)と同じようなサウンド路線の「ドゥ・イット・ベイビー」「ドント・チャ・ラヴ・イット」、そして「双子座の人」を当時の日本の踊り場で、そこそこヒットさせ(一般的な洋楽ポップスチャートで売れてた気配はなかった)、そして空前のディスコブーム前夜とでも申しましょうか1976年、ビリー・グリフィンも曲作りに加わってる「ラヴ・マシーン」が、見事!全米ビルボードチャート1位を獲得。

日本の踊り場、ディスコでも当時この曲は絶大な人気を得ておりましたし、昨今のダンクライベントでも、ミラクルズといえばこの曲ってなぐらい、よく知られ愛されてる曲ですが、案外、「ドゥ・イット・ベイビー」「ドント・チャ・ラヴ・イット」や、ミラクルズを脱退したスモーキー・ロビンソンのこちら「バージンマン」(VIRGIN MAN)は、知られてなかったりします(当時のヒット状況が違ったし)。



で、ミラクルズは空前のディスコブームの最中とも言える1978年には活動を休止しており、スモーキー・ロビンソンも、他の多くのそれ以前の踊り場で人気だった、R&B、ニューソウル、ニューファンクムーブメントを支えてきたシンガー、グループ同様、空前のディスコブーム期は、アルバムは発表すれども、ディスコブーム向きなヒットシングルがなかったせいか、殆どその恩恵は受けてなかったです。

よってミラクルズ=「ラヴ・マシーン」。スモーキー・ロビンソンて誰?みたいな、1980年前後のディスコブーム時代にディスコ通いをしてた、2015年、推定50才前後の方に、たまに出会いますが(笑)、スモーキー・ロビンソンを知らずしてモータウンレコードは語れず、ブラックミュージックの歴史は語れずと思うので、それほどリアルタイム当時、踊り場でがんがん!使われてた曲ではなかったですが、こちら「バージンマン」(VIRGIN MAN)、アップさせていただきました。

posted by 麻呂 at 00:00| ミラクルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。