2015年01月17日

ジェームス・ブラウン 「パパのニューバック」(Papa's Got A Brand New Bag)



大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】




こちらのサイトで再三再四ほざいてるように、案外、空前のディスコブームが吹き荒れてた1980年前後は、ジェームス・ブラウンはじめ、それ以前のシーンで活躍してたシンガー、グループはその恩恵をうけておらず、まあ、言葉は悪いですが「軒を貸して母屋をとられる」みたいな所が、あのディスコブームにはなきにしもあらずだったわけですが、70年代前半でも「セックスマシン」や「スーパーバッド」、ライブアットアポロのながーい音源などは頻繁に使われておりましたが、こちら「パパのニューバック」(Papa's Got A Brand New Bag)は、あまり使われていた記憶は、当サイト運営者はありません。

まあ「アイ・フィール・グッド」同様、こちらは60年代ものファンク、というかファンクの元祖とも言える曲ですし、日本でジェームス・ブラウンの曲を初めてレコードにしたのは、グループサウンズブームの頃の横浜のザ・ゴールデン・カップスの「アイ・フィール・グッド」なのは間違いない所ですし、60年代後半のゴーゴークラブでは、「アイ・フィール・グッド」とともに「パパのニューバック」(Papa's Got A Brand New Bag)は使われていたと、耳にした事が何度かありますし、当サイト運営者も何度か70年代初頭にこの曲が、当時の踊り場で使われたのを経験しておりますが、その頻度は「セックスマシン」や「スーパーバッド」、ライブアットアポロのながーい音源に比べると、微々たるもんだった印象があります。

で、こちらの映像&音源、「パパのニューバック」(Papa's Got A Brand New Bag)から、こちらは70年代初頭の踊り場でもよく使われていた、♪へいへい あいふぃーるおーるらいと あっ! の「アイ・フィールオールライト」に繋がる所は流石に圧巻ですね〜。しびれます。

posted by 麻呂 at 18:26| ジェームスブラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。