2015年01月11日

ダイアナ・ロスのディスコブーム期の大ヒットナンバー! アップサイドダウン Diana Ross - Upside Down









1970年代前半から中盤の踊り場、ディスコと言えば、ダイアナ・ロスが所属していたシュープリームス抜きに語れないわけですが、、、

現実には1970年にはダイアナ・ロスはシュープリームスを脱退しており、彼女が抜けたあともシュープリームスは「ストーンラブ」という踊り場ヒットを放ちましたが、その後はパッとせず、新たにフィリーソウル、フィラデルフィアのスリー・ディグリーズがシュープリームスに代わる女性コーラスグループとして人気になったわけですが、1970年代中期頃までは、ダイアナ・ロス在籍時代のシュープリームスの曲は、まだまだ踊り場で使われておりましたので、本当はリアルタイムのダイアナ・ロス在籍時のシュープリームスを、1970年代半ば頃、踊り場で遊んで人達は知らない筈なのに、とても!馴染み深いグループになっています。

ソロになってからのダイアナ・ロスは「タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング」「マホガニーのテーマ」の大ヒットや、マービン・ゲイとの競演アルバム「ダイアナ&マービン」とその中のシングルカットの踊り場ヒットによって、巨匠の道を歩みだしたわけですが、1970年代半ばから空前のディスコブームに突入した70年代後半、それまで活躍していた他の多くのグループ、シンガーがそうであったように、ダイアナ・ロスもまた「ラブ・ハングオーバー」のヒットがあったとはいえ、必ずしも!空前のディスコブームの恩恵に預かっていた、漁夫の利を得ていたとは言えなかったんですね。

そんなダイアナ・ロスが空前のディスコブームの1980年当時、売り出し中だった人気グループ、シックのギタリスト、ナイル・ロジャースとベースのバーナード・エドワーズをプロデュースに作ったアルバムが、こちらアルバムタイトル曲がシングルカットされ、当時のディスコでも大人気になった「アップサイドダウン」(Upside Down)。

当初はモロに!シックサウンドにダイアナ・ロスの声が乗る仕上がりだったそうですが、そこは巨匠!ダイアナ・ロス、ミキシングをやり直したそうで、そのへんシック側とダイアナ・ロス側で一悶着あったようですが、結果!このアルバムもシングルも売れましたから、ナイル・ロジャースも色々思う所があったみたいですね。

結果的にこの一悶着は、この後ナイル・ロジャースがプロデューサーとしても大成功を収める事になる、良い経験になったのかもしれませんね。

モロにナイル・ロジャース、シックサウンドを全面にだすのではなく、そのシンガー、グループ、ミュージッシャンのキャラ、持ち味を全面に出すサウンド作り。例えそれが、言われてみればと後からナイル・ロジャースっぽい、シックっぽいと人が感じても、それを最初から全面には出さないサウンド作り。

ナイル・ロジャースはダイアナ・ロスとの一悶着で、これを生んだのではないでしょうかしらね?、、、。

ダイアナ・ロスはこの大ヒットに続いて、コモドアーズのライオネル・リッチーとのデュエット「エンドレス・ラブ」によって、空前のディスコブームのど真ん中に思春期を送ったコ達にも、リアルタイムでその圧倒的な存在感を示し、今に至る巨匠!の座を揺るぎないものにしたわけですね〜。

posted by 麻呂 at 08:25| シュープリームス ダイアナ・ロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。