2015年01月07日

1975年 ドナ・サマーが日本で最初に名を売った 愛の誘惑 Love to Love You Baby 





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


2012年に63歳でこの世を去ったドナ・サマーが、ディスコクィーンとまだ呼ばれる前の1975年に放った、彼女を世に知らしめた曲が、こちら「愛の誘惑」(Love to Love You Baby)。

何故?1975年当時は未だディスコクイーンとドナ・サマーが呼ばれていなかったか?と言えば、それは未だ!ビージーズの「サタディ・ナイト・フィーバー」やアバのヒット曲をとっかかりにした、世界的な空前のディスコブームが世の中で起きてなかったからで、日本でもそれ以前に比べると、踊り場、ディスコはかなり!一般的には知られるようになった遊び場で、まあ、1974~75年頃を「ディスコ元年」と位置ずけるのが、多分、おそらく、一般的ではないか?と思われますが、それでも!その後の空前のディスコブームに比べたら、相当マニアックな遊び場でした。

だから一般的にディスコクイーンとかいう呼び名って、未だなかったと記憶してます。

というか、当時はなんか「ディスコいこうぜ」っていう言葉のニュアンスがカッコ悪い、イモくさい感じで(笑)、まだ「踊り場」、、、「踊りにいこうぜ」の方が、響きが仲間うちの「スラング」っぽくてカッコ良かったと当サイト運営者は記憶しておりますが、これが1980年前後の空前のディスコブームになると、普通に誰もが「ディスコいこう!」と言い出してたり、ディスコクイーンなんてー言葉が一般的になったから、ドナ・サマーがそう称されるようになったと記憶しております。

まあ、こちら「愛の誘惑」(Love to Love You Baby)、、、全編!ドナ・サマーが喘ぎ声をだしてるだけと言ってもいい代物なのですが(笑)、それだけに余計話題性もあり、日本でもとても有名になった曲でしたが、実際に爆発的に売れたような記憶は、当サイト運営者はありませんね〜。なぎら健壱氏の「悲惨な戦い」とか、あのねのねの「つくばねの歌」みたいな感じでしょうかね?(笑)、、、。

「愛の誘惑」(Love to Love You Baby)は、キワモノでしたね。今の再評価は知りませんが。






posted by 麻呂 at 01:17| ドナサマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん