2014年12月23日

空前のディスコブーム以前のファンキーなヒット曲、アベレージ・ホワイトバンドの「カット・ザ・ケイク」CUT THE CAKE / AVERAGE WHITE BAND





【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


1974年、本拠地イギリスを離れアメリカに渡り、全米1位を獲得したシングル「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」収録のセカンドアルバム「AWB」に続く1975年のサードアルバム「Cut The Cake 」のタイトル曲。当時の踊り場で「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」と共に、もの凄く流行ったアベレージ・ホワイト・バンドの代名詞的な「カット・ザ・ケイク」(Cut The Cake )。

こちらアベレージ・ホワイト・バンドは1973年に、ドラッグとセックスに明け暮れてたらしい「ひきこもり」だったエリック・クラプトン復活の、古のロックファンには有名なレインボウコンサートのサポートを勤めた事でミュージッシャン関連で名を売ったようで、勢いにのってアメリカ進出したら、あれまー!なんと!全米1位を「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」で獲得してしまった、後の空前のディスコブーム時代のビージーズやアバよりも先駆けになった、アフリカンアメリカンバンドではない(スコットランド出身)、当時としては珍しく、そして画期的だった白人ファンクバンド。

元々ブリティッシュロックというのは、60年代のザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズしかりで、アメリカンミュージック、それも黒っぽいR&B、R&R、ブルースを模倣してできた音楽ですから、70年代になって当時アメリカで大流行りだったニューソウル、ニューファンクスタイルを、これも模倣したのであろうアベレージ・ホワイト・バンドの登場というのは、ある種の必然的な流れだったかもしれません。

ただ、アベレージ・ホワイト・バンドの人気が、日本の踊り場レベルとはいえ人気のピークだったのは(必ずしも一般洋楽ポップスファンには、リアルタイム受け入れられてなかった)、このへんで、この後の空前のディスコブームの頃は、他のそれ以前、踊り場で人気だった多くのシンガー、バンドがそうであったように、彼等も恩恵をウケていたとは言いがたい存在で、日本ではそのままユーロビートに流れ人気が90年代以降まで継続しましたが、世界的には既にディスコブームは終わった1982年には、一度彼等は解散しています(再結成しますが)。

ギターのヘイミッシュ・スチュワートは、後に元ザ・ビートルズのポール・マッカートニーのソロ活動のサポートギタリストを務めており、日本にも来ておりますので、踊り場、ディスコファンでなくても、ちょっとしたポール・マッカートニーファンなら、彼は観てる筈です。

posted by 麻呂 at 20:07| アベレージホワイトバンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。