2014年02月11日

KC名義のグループ名での初踊り場ヒットはこの曲! ファンキー・ホーン KC&ザ・サンシャイン・バンド Funky Horn KC&The Sunshine Band



【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com


昨今のケントスやダンクライベント等でも人気の高い、古のマイアミサウンド、マイアミソウルのKC&ザ・サンシャインバンドが日本で有名になるのは(当時は未だ未だ!踊り場でのアンダーグラウンドな出来事でしたが)、こちらファンキーホーン(Funky Horn)から。

KC&ザ・サンシャインバンドは1973年に結成されておりますが、面白いのがイギリス人のエリック・クラプトンがジャマイカのボブ・マーリーの「アイ・ショット・ザ・シャリフ」を同じくマイアミのスタジオで録音(結果、クラプトンのそれはマイアミ・レゲエ。笑)、このシングルレコードが全米ビルボードチャートで1位になるのが1974年で、KC&ザ・サンシャインバンドが「ファンキーホーン」(Funky Horn)で有名になる前に、同グループのKCが手がけたジョージ・マックレーの「ロック・ユア・ベイビー」が1位になるのも、1974年なんですね〜(ジョージ・マックレーの方がクラプトンより2ヶ月前に1位獲得)。

ちなみに!エリック・クラプトンのマイアミ・レゲエ「アイ・ショット・ザ・シャリフ」のボブ・マーリーカヴァーで一躍有名になったジャマイカとレゲエですが、ジャマイカ出身のミュージッシャンが初めて全米ビルボードチャートで1位を獲得するのもこの1974年で、12月に当時の日本の踊り場でも人気でした、カール・ダグラスの「吠えろ!ドラゴン」。1974年はジャマイカとマイアミの音楽が注目されるようになる、記念すべき年でもあったわけであります。

デビューから2年、KC&ザ・サンシャインバンドが「ゲットダウン・トゥ・ナイト」で全米ビルボードチャートで1位を獲得するのが1975年8月。続いて連続チャート1位に輝き、KC&ザ・サンシャインバンドの名前を不動のものにした、日本でもそれまでの踊り場フリークだけでなく、普通の洋楽ファンにもKC&ザ・サンシャインバンドが認知されるようになった、超有名なメガヒット!「ザッツ・ザ・ウェイ」が11月ですから、日本ではデビューシングルだった(はず。アメリカでは2枚目)「ファンキー・ホーン」(Funky Horn)が、日本で発売されたのは、おそらく1975年の春頃でしょう。

当時の日本の踊り場は、下手なラジオやテレビ、雑誌などより洋楽の輸入は早かったですが、情報も乏しかった時代ゆえ若干アメリカとはタイムラグがあったのは否めないので、日本の踊り場で「ファンキー・ホーン」(Funky Horn)と「ゲットダウン・トゥ・ナイト」が流行ったのは1975年の夏から秋、初冬にかけで、「ザッツ・ザ・ウェイ」は1975年の年末から1976年初冬だったのではないか?と思われます。





勿論、KC&ザ・サンシャインバンドはその後もヒット曲をだしており、日本の踊り場でも「鉄板」の人気バンド、KCの楽曲は踊り場シーンでロングヒットしてましたから、1976~78年や、空前のディスコブームだった80年前後にKC&ザ・サンシャインバンドの、これら楽曲を体験された方も多いと思いますが、実際には1975年の出来事だったわけであります。

まあ、「ファンキー・ホーン」(Funky Horn)が日本の踊り場で人気になった頃、「ファンキーなんとか」「なんとかブギー」と曲名をつけとけば「ナウいに違いない」「カッコいいに違いない」と、踊り場フリークは飛びついてましたから(笑)、全米1位に輝いた曲でもなく、日本ではまだ名もなき新人バンドだったKC&ザ・サンシャインバンドの日本デビュー曲が、正に!「ファンキーなんとか」の「ファンキー・ホーン」(Funky Horn)だったのは、曲名だけでも踊り場シーンで受け入れられるそれだったと、つくずく思います。

更に!シングルレコードのジャケットだけでは、白人黒人混成バンドだと識別する事も、KCなる人物がアフロヘアーの黒人ではなく、長髪真ん中分けの白人である事もしっかり識別するのは難しいショットだったので(イギリスの白人ファンクバンド、アベレージホワイトバンドの「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」はイラスト。アメリカの白人ファンクバンド、ワイルド・チェリーの「プレイザット・ファンキー・ミュージック」のジャケットは唇。彼等が白人バンドだなんて、当初は日本では殆どの人は知らなかった)、普通に黒人の当時ヒップだったニューファンクグループの新人ぐらいにしか、当時の日本の踊り場シーンでも思われてなかったと、当サイト運営者は記憶しております。

YouTubeどころか、MTVもない時代。更に時代は空前の和製ふぉーく&アイドル歌手ブームであり、音楽雑誌も洋楽のロック系の雑誌は、ミュージックライフなどちらほらありましたが(出てはすぐ廃刊雑誌もわりとあった)、黒人音楽系や踊り場フリーク用のソレは見当たらなかった(あったとしても誰もが手にとれる環境になかった)、そういう人間はラジオのFENを聴くか?唯一のテレビ情報だった「ソウルトレイン」を観るか?踊り場にいってその手の曲、グループ、シンガーを知る、レコードのライナーを読むしかなかった、思えば大昔のお話しの逸話でございます。
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。