2013年06月30日

ニューファンクからディスコに流れる分岐点だったとも言えるクール&ザ・ギャング ハリウッド・スィンギング Kool & The Gang - Hollywood Swinging





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

ニューソウル、ニューファンク華やかなりし時期、アース・ウインド&ファイヤー同様、クロスオーバー、ジャズファンク系グループとしてデビューするも、イマイチ脚光を浴びる事のなかったクール&ザ・ギャングが、ビルボード30位以内の初ヒットになった「ファンキー・スタッフ」に続き、ビルボード4位の「ジャングル・ブギー」と連続ヒットを記録!。黒人音楽に疎かった、黒人音楽はブルースやジャズ同様、R&Bもソウルもファンクも日本では未だ未だマニアックな世界だったので、日本では当時、盛り場の踊り場人気レベルでしたが、クール&ザ・ギャングの名は、この極東の島国まで届いてきました。

そんな波に乗るクール&ザ・ギャングが1974年、次に放ったビルボード6位の、こちらも大ヒットになった「ハリウッド・スウィンギング」(Hollywood Swinging)。1979年にジェームス・"JT"・テイラーが加入してからのディスコ大人気グループになったクール&ザ・ギャングとは、この頃はまだサウンドが異なり、かなりのこちらもファンクサウンド。

1975年になっても、日本の踊り場シーンでクール&ザ・ギャングの快進撃は止まらず「ライム・タイム・ピープル」「ファンク魂」(Sprit Of The Boogie)が人気になりますが、マイアミから登場したKC&ザ・サンシャインバンドの連続ヒット、ヴァン・マッコイ等の所謂「ディスコサウンド」に時代が変わってきたので、このへんでファンクを全面にだしたクール&ザ・ギャングの快進撃は止まっており、おそらく2013年今現在、40才前後の方にとって、クール&ザ・ギャングと言えば、ジェームス・"JT"・テイラー加入後のディスコサウンドによる大ヒットを放ったグループという印象しか、若き頃はない事でしょう。

1974~1975年、日本の踊り場で人気だった、クール&ザ・ギャングがばりばりのファンクサウンド時代の、こちら「ハリウッド・スウィンギング」(Hollywood Swinging)はヒット曲でございます。







タグ:ファンク
posted by 麻呂 at 11:23| クール&ザギャング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん