2013年06月16日

ドイツの女性グループ、シルバーコンベイションは1970年代中期の踊り場でヒット曲を連発していた セイブミー Save Me/Silver Convention





ネットショップの開業ならカラーミーショップ


欧州圏ディスコ、所謂「ミュンヘン」等は1980年前後の空前のディスコブーム時代以前から、実は北米(日本も)の音楽シーンに浸食していた。と、当サイトでは幾度もご紹介しておりますが、こちらドイツのシルバー・コンベイションもそんなグループの一つで、既に1974年にデビューし、こちらの「セイブミー」(Save Me)はそんな彼女等のデビューヒットで、日本の踊り場でも、かなり人気を得ていました。

この後「フライ・ロビン・フライ」「恋のブギー」と踊り場ヒットを飛ばしたシルバー・コンベイションでしたが、まあ、当時から昨今までコアな「黒い系」の北米R&Bファンには、この手の「白い系」の人達が創作した欧州、ミュンヘン系は好まれませんし、一般的なディスコフリークは「移り気」でしたから、ヒット曲がでなくなると、そのシンガーやグループには冷たい、すぐ新しいソレに乗りたがるので(笑。お店に対してもしかり)、なんとなーく1980年前後の空前のディスコブームの頃には、渦中の「ディスコのコ」達に受け入れられるほど、シルバーコンベイションの人気は続きませんでした。





posted by 麻呂 at 08:57| シルバー・コンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん