2013年06月01日

スティーヴィー・ワンダー 可愛いアイシャ/Stevie Wonder-Isn't She Lovely Lyrics





WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』



全米ビルボードチャートで13週連続で1位を独走!、一度、ザ・イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」に首位の座を明け渡すも再び1位にかえり咲いた、1976年発表のスティーヴィー・ワンダーの2枚組大ヒットアルバム!「キー・オブ・ライフ」(Songs in the Key of Life)からシングルカットされ、当時の踊り場、ディスコに限らず、一般的な洋楽ファンにもとても支持された「可愛いアイシャ」( Isn't She Lovely)。

まあ、本国アメリカと違い1970年前後のR&B、ニューソウル、ニューファンクムーブメントは、日本ではかなりアンダーグラウンドなソレだったわけですが、日本でも抜群な人気を誇っていたフィリーソウルのスリー・ディグリーズと、こちらスティーヴィー・ワンダーが、歌謡史に残るであろう空前の和製ふぉーくブームの最中、そして下降時期に、そういうコたちや洋楽白人ロック至上主義(一部ブルース)のロックのコ達に、その人気ぶりから黒人音楽を普通に身近に感じさせた、ある意味、日本においては功労者だったと、当サイト運営者は思っております。

「キー・オブ・ライフ」(Songs in the Key of Life)は他に、「回想」「愛するデューク」もシングルカットされ、踊り場、ディスコで人気を得ており、又、この時期、マイアミのKC&ザ・サンシャインバンドの大ブレイクもあり、いよいよ来るべき空前のディスコブームの幕開けになった時期だったと、当サイト運営者は記憶しております。





posted by 麻呂 at 08:34| スティーヴィーワンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん