2013年04月30日

グラハム・セントラル・ステーション Graham Central Station - Water





ネットショップの開業ならカラーミーショップ


昨今は、ベースプレイヤーの間ではチョッパー奏法も、JAZZ、R&R時代からの「スラップ」とまとめられてるようですが、リアルタイム70年代は「チョッパー」(笑)。チョッパーは偉かったのであります。

まあ、クロスオーバー、フュージョン寄りではスタンリー・クラーク、70年代後半のブラコン(ブラック・コンテンポラリー。レコード会社がファンクをそう呼ぶ事でナウぶって売り上げをあげようとした、昨今は死語になってる名前。笑)シーンでは、ブラザーズ・ジョンソンのルイス・ジョンソンが人気でしたが、やはり元祖チョッパーは、こちらラリー・グラハムでしたね〜。

JAZZ、R&R時代からの「スラップ」も、とても!カッコいいですが、初めてラリー・グラハムのチョッパーベースを聴いた時は、実に!摩訶不思議。こういうベース奏法もあるのかと感心したほど、とても耳に残る奏法でありました。

1971年、人気だったスライ&ザ・ファミリーストーンをドラッグ中で頭のおかしくなったスライに解雇されたラリー・グラハムが1973年結成したのが、こちらグラハム・セントラル・ステーションで、こちらは1975年のアルバム「ダイナマイト・ミュージック」(AIN'T NO 'BOUT-A-DOUBT IT)からのナンバー。昨今のダンクライベントでも、その昔もメロハモが流麗なフィリーソウルやディスコサウンド好きには、評判の悪い(笑)、されどコアなファンクファンには絶大な信者が多い、両極端の踊り場、ディスコファンにとってのファンクという音楽。さて皆様はどちらでしょう〜(笑)。





ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。