2013年04月28日

愛のためいき ロバータ・フラック Feel Like Makin' Love - Roberta Flack (1974)





ネットショップの開業ならカラーミーショップ


1972年にクリント・イーストウッドが監督&主演を手がけた、映画「恐怖のメロディ」に使われた「愛は面影の中に」(The First Time Ever I Saw Your Face)が全米1位の大ヒットを記録。ロリ・リーバーマンのヴァージョンはヒットしませんでしたが、ロバータ・フラッグがカヴァーし歌った「やさしく歌って」(Killing Me Softly with His Song)は、1973年、こちらも全米1位を記録。

そして1974年、昨今はJAZZFUNK系のセッションでプレイヤーサイド、女性シンガーが好んで取り上げている、当時のソウルという印象よりそっち系の方々に人気があるように感じる「愛のためいき」(Feel Like Makin' Love)が発表され、コアな黒人音楽ファンにとても当時は好まれた曲、ロバータ・フラックはシンガーでありました。

彼氏の車で、夜の国道でこの手の曲をBGMにし酔いしれていた、当時のとっぽいオネーチャン、今「熟女」、かなり多いと思います。





posted by 麻呂 at 20:05| ロバータフラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん