2013年04月16日

映画「Boogie Nights 」魅惑の70s'ディスコ Dancing Scene マシンガン=コモドアーズ



【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】




1997年アメリカ制作の、アメリカでもディスコブームだった1970年代末から1980年代にかけての、当時盛況を極めたポルノ映画業界の、大バカ達の(笑)光と影を描いた映画「ブギーナイツ」(Boogie Nights)からの、ディスコダンスシーン。

1980年前後設定の時代背景と、コモドアーズの「マシンガン」、バンプが流行っていた時代は若干ズレておりますが、なかなかダンスは映画「サタディナイトフィーバー」を意識したソレで面白いと思います。バンプを踊ってる方もおりますし。

まあ、この映画で主演した(真ん中で踊ってる人男)、巨根だけが!取り柄のエディ・アダムス / ダーク・ディグラー 役のマーク・ウォルバーグは、実際も大バカ野郎で、高校中退後、様々な職につくが身に付かず、ドラッグや暴力沙汰にあけくれ、ボストン警察の世話になった回数は25回。殺人未遂で感化院も経験してる札付きですが、アメリカの人気アイドルグループ「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」の前身のメンバーでもあり(凄いアイドルだ)、ソロになってからの「グッド・ヴァイブレーションズ」が1991年10月5日付けビルボードのシングル・チャートの1位を獲得。1994年、映画デビュー以降、俳優&制作者として安定した仕事をこなしており、こちらコアなファンの多い「ブギーナイト」(Boogie Nights )は、ジョージ・クルーニーとの競演「スリーキングス」「パーフェクト ストーム」等と共に、マーク・ウォルバーグの代表作。





posted by 麻呂 at 19:11| コモドアーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。