2013年03月17日

1970年代初頭から中期のアメリカのニューファンクブームに登場したオハイオ・プレイヤーズの スキンタイト Ohio Players "Skin Tight" LIVE on U.S. TV 1974





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

当時、歌謡史に残る空前の!和製ふぉーくブーム、アイドル歌手ブーム吹き荒れていた日本の場合、未だ未だR&B、ソウル、ファンクは踊り場レベル、コアな黒人音楽ファンの間の極めて小さなムーブメントでしたが、アメリカの70年代初頭のニューソウル、ニューファンクムーブメントは爆発的なソレがあり、1974年、堂々!全米1位を記録した「ファイヤー」ともども同年ヒットした、こちら「スキン・タイト」(Skin Tight)。翌75年には後にレッチリがカヴァーした「愛のローラーコースター」で一世を風靡したオハイオ・プレイヤーズも、そんなニューファンクグループの1つとして人気の高いバンドでした。

が!こちらオハイオ・プレイヤーズもその歴史は長く!なんとR&R、R&Bブーム吹き荒れる1950年代末期から、オハイオ・アンタッチャブルズというバンド名で活動していたそうで、バカ売れするまで随分と時間のかかっていたグループだったわけですね〜。

オハイオと言えば、当時としては珍しかった!白人ファンクバンドのワイルド・チェリーが「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」で全米1位を獲得したのもこの頃で、正に!来るべき空前のディスコブーム前夜、
新譜が何れも刺激的な、今やダンクラとして歴史に残ってるR&B、ソウル、ファンクは、だいたいこの時代のものなのが、凄いと思いますね〜(ディスコサウンドはこの後も、山のようにありますが)。





posted by 麻呂 at 16:52| オハイオプレイヤーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。