2013年02月03日

ジャズミュージッシャンのハービー・マンが放った踊り場ヒット! ハイジャック ハービーマン Herbie Mann - Hijack





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

1975年、全米でも大ヒットした、ジャズミュージッシャン、フルート奏者のハービー・マンの「ハイ・ジャック」(Hijack)。まあ、ディスコサウンドですが、1975年という年を考えるとかなり先駆者、ヴァン・マッコイの「ディスコ・ベイビー」や「ハッスル」同様、ディスコサウンドはこうやれば良いという、この後のディスコサウンドの模範演奏(?)と言えなくもありませんね。

60年代後半からのゴーゴーが踊り場になり、R&Bからニューソウル、ニューファンク、そしてディスコサウンドという流れ、ディスコという名称がそろそろ確立してくる、1974~76年事は時代だったように記憶しておりますが、当時、全米ヒットし日本の踊り場、ディスコでもそれなりに人気の高かったハービー・マンの「ハイジャック」(Hijack)ですが、昨今のダンクラシーンでは、イマイチ人気がないように私的には感じております(踊りにくいかな?)。

ハービー・マンはそれ以前からジャズファンからは批判されてる向きもありましたが、わりとR&B、ソウル寄りの活動もしており、モータウンのジェームス・ジェマーソンと並び称される、R&B、ソウルミュージックのベースライン構築に多大な功績を残してるブッカー・T&ザ・MG'sの名ベーシスト!ドナルド・ダック・ダンやチャック・レイニー、そしてドラマーのアル・ジャクソンとバーナード・パーディ等、その世界でじは名うての名手と仕事もしていたわけで、ワールドミュージック含め、わりとジャンルの縛りは気にしなかったハービー・マンはミュージッシャンのようであります。





posted by 麻呂 at 21:57| ETC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。