2013年01月07日

西城秀樹氏のカヴァーで日本で大ヒットした ヴィレッジ・ピープル Y.M.C.A. Village People





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

西城秀樹氏が放ったこちらヴィレッジ・ピープルの1978年の「YMCA」のカヴァー、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」って、レコード大賞が外人の作詞作曲は受賞対称外じゃなかったら、100%!1979年のレコード大賞とってたでしょうね。それほど!当時、売れましたし人気抜群でしたからね。

ヴィレッジ・ピープルもコアな北米R&Bファンには評判の悪いグループの1つですが、ケントスでは相変わらず大盛り上がり確実の定番曲なのも皮肉な話しで、良くも悪くも好きも嫌いも、このへんが正に!1980年前後の空前のディスコブームの象徴ですから、しょうがない(笑)。

そして北米のディスコブームは80年代に入ると案外、日本人が思ってる以上に早くに終焉してしまい、日本だけ未だディスコブームをジュリアナの90年頃まで、ずーっと!引きずるわけですが、北米のブームが終焉してますから、北米経由でそれ以前も欧州圏の楽曲が入ってはおりましたが、北米をすっとばし、自然と日本と欧州圏の独自のパイプが築きあげられる、テクノ経由ユーロビートにディスコはサウンドが一気にかわっていくわけですから、1980年前後の空前のディスコブームというのは、ある種、それまでの北米を中心にしていたR&B、ニューソウル、ニューファンク、ブラコン等の終焉、お葬式を華々しくやってたと言えない事もないわけです。



当サイトでも再三!触れておりますが、既に70年代も半ば頃から、北米マーケット(結果、日本も)を狙った欧州圏のディスコサウンドが、かなり人気を得ており、こちらヴィレッジ・ピープルもニューヨーク出身ですが、ドナ・サマーがイタリアの音楽家ジョルジオ・モロダーに見いだされ、アメリカでも日本でも世界でもディスコクィーンになったように、フランス人のジャック・モラリが仕掛けて大成功させてます。

ある種、欧州人から見たアメリカ人、アメリカ文化のパロディ(ヴィレッジ・ピープルの場合、ゲイ)をアメリカの黒人を起用してやらせた。ディスコブームはそんな側面もなきにしもあらずで、ボニーMとドイツ人、フランク・ファリアンの関係も同じようなソレです。

まあ、ディスコは黒人でないと「本物」っぽくないと黒人を起用した欧州人と、まあ、白人だって欧州人だっていいじゃねーかと開き直って自分達でやったのが、スウェーデンのアバやドイツのジンギスカンとかですね。なかなか「たかがディスコ、されどディスコ」アメリカ、欧州そして日本と、深いのであります(笑)。





posted by 麻呂 at 17:11| ヴィレッジピープル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。