2013年01月01日

1970年代のチークタイムで大人気だった メリージェーン(つのだ☆ひろ)





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

1970年代前半、踊り場に通っていた方なら、涙ちょちょ切れるチークの代表曲の1つ。つのだ☆ひろ氏の「メリー・ジェーン」。官能のギターソロは巨匠!成毛滋氏の不朽の名演であります!。

当サイト運営者が今も所有してる、シングル「メリージェーン」は、つのだ☆ひろ氏のルックスがよくわからないように、ぼかしの入ったソレで(笑)、随分レコード会社も失礼な事するなと今にして思えば思うわけですが、当時、当サイト運営者よりもう少し年上のニューロック世代の方々には、つのだ☆ひろ氏は天才ドラマーとしてジャズ・ピアニスト佐藤允彦トリオ、渡辺貞夫カルテットのジャズ畑、又、ジャックス、フライド・エッグ、ストロベリー・パス、初代サディスティック・ミカバンドのドラマーとして有名だったわけですが、そんな事は1973年、当サイト運営者と蒼き「うすらバカ仲間達」は知るよしもなく、、、

日本人なのにこんな洋楽みたいな英語の曲を作れ演奏出来る人って、どんな人なんだろうか?と、つのだ氏はTVに出てたわけでもなければ、「メリージェーン」はヒットチャートをかけあがっていたわけでもないので(脅威のロングヒットですが)、つのだ☆ひろ氏は、当時、私等の中では正体不明の方でありました(笑)。

「メリージェーン」は元々1971年、つのだ氏と成毛滋氏との「ストロベリー・パス」のアルバム「大鳥が地球にやってきた日」に収録されてたニューロックナンバーだったなわけで、ニューロックですからおそらく白人R&Bロックバンド(?)、プロコル・ハルムの「青い影」の影響下にあった曲と推測しておりますが、プロコル・ハルムはハードロック路線に行く前のディープ・パープルのアルバムにも影響を強く感じますし、レッド・ツエッペリン結成時、ドラマーにはプロコル・ハルムのB.J.ウイルソンをジミー・ペイジが考えていたのは(ウイルソンに断られたそう)、ハードロック、レッド・ツエッペリンファンには有名な逸話ですので、別段、「メリージェーン」がプロコルハルムの影響下にあったとしても、おかしな話しでもないわけであります。

作詞のChristpher Lyn(クリストファー・リン)というのは、成毛滋氏のフィンガーズのメンバーだった、高校までアメリカで育った帰国子女の蓮見不二男氏だそう(作曲はつのだ☆ひろ氏)。

「ストロベリー・パス」の後、つのだ氏と成毛氏の新バンド「フライドエッグ」のベースを担当したのが、若き高中正義氏だったのは、高中正義氏ファンの間では有名な話しですね。

1980年代がリアルタイム若者、少年少女だった方には、バカ売れした!TBS「男女7人夏物語」主題歌、石井明美さんの「CHA-CHA-CHA」のイントロ、"Baby, Get on my Cadillac."のセリフを言っていたのは、つのだ氏本人だそう。





posted by 麻呂 at 17:53| チーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。