2012年12月30日

1970年代半ば頃、チャチャナンバーとして人気だったバリー・ホワイトの「愛の炎」Barry White- What am I Gonna Do With You (with lyrics)





【意外と知らないIT用語】 ドメインって何? お名前.com

以前、自分が使った以外、何故か?昨今のダンクライベントで私は聴いた事がない、バリー・ホワイトの1975年放った「愛の炎」(What am I Gonna Do With You)。当時の踊り場では普通に使われておりました(確か?チャチャナンバーだったと記憶しております)、シングルジャケットが黒い肌に大汗かいて歌う巨漢!バリー・ホワイトのお顔のアップで、ちょっと引いた記憶のある(笑)楽曲。

まあ、バリー・ホワイトもジェームス・ブラウン同様、少年時代、非行に走り窃盗罪で収監された経験を持っており、ジェームス・ブラウンがそこで音楽を覚えたの同じように、バリー・ホワイトもそこのラジオから流れてきたエルビス・プレスリーの曲に感化され音楽に目覚め、出所後、音楽活動に入ったそうですから、売れたのは70年代でしたが、相当!音楽歴の長い方。

1960年代より編曲やセッション・ミュージシャン、ソロ歌手をやっていたそうで、そんな活動中、女性コーラスグループ、ラヴ・アンリミテッドを見いだし、彼女等のプロデュースで一般的には世に知られるようになったそうで、日本の古の踊り場フリークなら、ラブ・アンリミテッドの「恋の雨音」は、相当!せつない曲だと思われますし、B面が彼女等の歌声でシングルのジャケットも彼女等のソレなのに、A面はバリー・ホワイト率いるラブ・アンリミテッドオーケストラの歌なしインスト、CMでもお馴染みだった「愛のテーマ」も古の踊り場ファンなら誰もがご存知の筈。

踊り場、ディスコに興味のなかった方、バリー・ホワイトを知らない方でも、東京では萩原健一氏の「傷だらけの天使」の後番組だったTV「ウィークエンダー」のオープングテーマに、同じくバリー・ホワイト率いるラブ・アンリミテッドオーケストラの「ラプソディ・イン・ホワイト」が使われていたので、今(2012年)40代後半から50代以上の方なら、普通に聴き覚えのある曲だと思われます。



更に!ザ・ドリフターズの「8時だよ!全員集合」の後半の少年少女合唱隊コントの、早口コーナー かえる ぴょこぴょこ 3ぴょこぴょこ のBGMは、おそらく当時、ソウルミュージックに感化されていたそうな、志村けん氏の推しだと思われますが、バリー・ホワイトの「Satin Soul」から拝借しているので、当時、少年少女の方でも、知らぬうちにバリー・ホワイトの楽曲は耳にしていた事になります。

話しがソレますが、当時の日本TV「ウィークエンダー」の関係者、音楽のセンスが良かったなーと感心いたします。オープニングテーマが「ラプソディ・イン・ホワイト」、エンディングテーマがマーヴィン・ゲイの「愛のゆくえ」(ホワッツ・ゴーイン・オン What's Going On)。番組中の♩チャッチャラッチャ チャッチャーの効果音は、クインシー・ジョーンズの「鬼警部アイアンサイドのテーマ」と、未だ空前のディスコブームに世の中突入する前(直前でしたが)、黒人音楽が今ほど世の中で認知されてなかったあの時代に、素晴らしいセンスをしていたと思いますね〜。



posted by 麻呂 at 20:15| バリーホワイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん