2012年11月29日

シスタースレッジがまだ少女グループだった頃の踊り場ヒット 初恋大作戦 Sister Sledge - Love Don't Go Through No Changes On Me (SOUL TRAIN).avi









シスター・スレッジはその名の通り、メンバーのジョニ、デビー、キム、キャシー4人は全員が本当の姉妹です。血縁関係のない「ディスコは恋の合言葉」でお馴染み、赤の他人のリッチー・ファミリーとは異なります(笑)。

1970年代後半、空前の世界的なディスコブームが巻き起こる中、大成功を収めたバンド「シック」のバーナード・エドワーズとナイル・ロジャーズ及びシックの全面バック・アップによる楽曲で、少し大人になったシスター・スレッジはディスコブームの最中、かなりのシックサウンド&シスター・スレッジで成功を収めますが、もっと子供の頃のシスター・スレッジの1974年の踊り場ヒットが、こちら「初恋大作戦」(Love Don't Go Through No Changes On Me)。



日本人うけするメロディなのでしょうか?この曲、けっこう当時の踊り場では、人気高かったです。

しかし、80年前後の大人の色香も漂っていたシスター・スレッジに比べると、僅か数年前とはいえ、随分と皆様、子供でありますね(笑)。

シスター・スレッジはそれなりのヒット曲をもっておりますので、ディスコブームが終焉した後も、あまり儲からない(レコード収入の印税が入らないので)ライブ活動を欧米で地道に続けているようで、実は未だ!解散してないらしいですね。確たる情報がなく恐縮でございます。



posted by 麻呂 at 18:13| シスタースレッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。