2012年11月10日

1970年代中期頃迄のステップ全盛時代の踊り場で、バンプやバスストップと共に流行ったニューステップ!ハッスル. ヴァン・マッコイ Hustle Van McCoy









1960年代より歌手、作曲家、プロデューサーとして活動していたヴァン・マッコイが、1975年に発表したアルバム「ディスコ・ベイビー」からシングルカットされた、確か?「バンプ」に続くニューステップ、当時、最新のステップだった!その名の通りの「ハッスル」を踊る為の曲「ハッスル」(Hustle)。

流麗なオーケストラが美しく奏でる、誰もが口ずさめる覚えやすい親しみのあるメロディに、軽やかなファンキーサウンドに乗った「ハッスル」(Hustle)は、見事に!全米1位・全世界でレコード売上1000万枚の大ヒットを記録。

グラミー賞最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞も受賞するほど売れに売れたわけで、思うに、このヴァン・マッコイの「ハッスル」(Hustle)の大ヒットや、同じ大オーケストラによる流麗なサウンドが売りだったフィラデルフィアサウンド、フィリーソウル、そしてマイアミのKCの商業的大成功が、この後の空前のディスコブームの「サウンドの素」になってると思われます。

80年代からディスコ終焉の「ジュリアナ」世代のユーロビートファン、或いはそのへんと同じようなサウンドの小室哲哉氏好きだった方々も、コアな「どファンク」や古のR&Bはイマイチと感じても、この「ハッスル」(Hustle)あたりのサウンドは、あまり違和感を感じないのではないでしょうか?違ったらご免なさい、、、。

で、ヴァン・マッコイは「ハッスル」(Hustle)の大成功の僅か4年後、正に!世はディスコブームの1979年、心臓発作を起こし、39歳という若さで急死しております。合掌。





posted by 麻呂 at 18:46| ヴァンマッコイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。